谷村金一「実に戦慄すべき有様が、繰り返されて居るのであります」

 『対生物戦への兵器の整備 熱は生命線守備の第一線』は谷村金一著、大日本健康増進協会出版部発行、文舟舎発売、昭和10年8月1日納本。

 序は警視庁防疫課長の井口乗海、浅田礼三陸軍中将、柏木正文海軍主計中将。井口曰く

 

顕微鏡下の世界のニウスが、新聞紙によつて不断に報導される状態にあつたら、防疫陣の指針となり、又良き参考資料として有益な事であらう。

 

 谷村金一は大日本健康増進協会代表者。生物戦への備へを十分にすべきだと訴へる。ここでの生物とは細菌など目に見えない生物のこと。谷村も報道の重要性を強調する。

 

上海の市街戦、北満の生命線死守に活躍奮闘の戦況を、活動写真で報導される事は誠に意義があり、待ち遠くて何を措いても見に行く。その戦ひよりも、実はもつともつと劇しい、吾等の生命を襲撃して居る生物戦の戦況も、報導の仕方によつては、確に意義あるニユースであります。

 

  

対生物戦は、実に昼夜の分ちもなく、四季の定めもなく、赤十字の旗印も役立たず、実に戦慄すべき有様が、繰り返されて居るのであります。 

 

  対生物戦の戦法としては、熱・光線・薬液が有効。谷村自身は長年、シャワーや乾布摩擦などで棕櫚タワシを用いることを続けてゐるので健康体だといふ。

 太陽光線は万物を生み育て、細菌も死滅させる。その効能への信頼は宗教的境地にも達してゐる。

太陽は正しく一つの信仰であり、宗教である程に、神に礼拝すると同じ気持と敬虔の念を以て、日常之に親しみ之を拝し、我魂と結びつける、神人合一の境地に精進したら、健康の階段を昇り切つて、天空快闊恰も富士山の天辺に、突立つた境致が開ける事であらう。 

 f:id:josaiya:20200225210237j:plain

f:id:josaiya:20200225210301j:plain

f:id:josaiya:20200225210328j:plain

f:id:josaiya:20200225210349j:plain

 

 

・実在しない。

f:id:josaiya:20200225210404j:plain

原田稔甫「握飯は立体の日の丸である」

 医道社の『医道』は昭和9年1月号が第6年第57号。医道社は三則の一つに「皇国伝統の医学を復興し…『国家治療』の実現」を掲げる。主幹に就任した原田稔甫の新年の辞は、おむすびを礼賛する。

 赤き梅干を白き飯で包んだ握飯は、平面の日の丸旗に対し立体の日の丸旗である、之を愛撫し之を尊重し之と起臥し之と進退し、…

  梅干しの握り飯をなでて、尊重し、寝ても起きても進むときもしりぞくときも一緒で、握り飯のことを思ってゐれば、立派な功績を残すことができる。

 続きを読むと、原田主幹がなかなかの国粋家であることがわかる。日本の山をアルプスと呼んだり川をラインと名付けるのが不満。皇紀を使はずに耶蘇降誕紀元を用いるのも国家精神を危ふくする。以前の志士は着物で外国を歩き回った。今のやうに名字と名前を逆に書くこともしなかった。国風の真髄に反するものは断じて排すべきだと主張する。

f:id:josaiya:20200214085139j:plain

f:id:josaiya:20200214085153j:plain

f:id:josaiya:20200214085213j:plain

船口万寿「つまり歴史にお正月を作ることである」

 『船口萬壽傳』は岡本清一著、四季書房、昭和17年3月発行。刊行のことばによれば、四季書房は以前から「新しい伝記」を計画してゐた。「不幸にも世に出ることなくして埋れた天才や努力の人々」を掘り出して紹介するのだといふ。この書が第一作で、次いで宮沢賢治、蘇曼殊が予定された。

 岡本は船口と行動を共にした同志で、客観的な評伝ではない。岡本自身の回想や愛国運動観なども述べられてゐる。随筆風に重要事項を中心に描かれる。「書く人と書かれる人が渾然一体」になってゐる。

 前半は里見日本文化研究所における船口の姿を描く。船口は献身的に師に仕へ、師の著書も実際は船口が書いたものであったりした。岡本は船口について、非凡な才能を称賛するとともに、病気がちで、報ひられることも少ない環境の「忍従の生活」だったといふ。

 後半は、師と決別して西宮から東京に居を移してからの様子。同志たちとの申し合はせでは研究所時代と生活を転換した。収入は寄付などに拠らず労働する。なるべく有名になるのを避ける、先生と呼ばない、など。

 文明社の楠間亀楠も少し出てくる。「一寸面白い人物」で、船口はその事業に協力した。

 船口は左の大衆運動、右の少数精鋭主義のどちらも満足せず、独自の変革を志した。その際には「歴史的飛躍」「素晴らしき精神の飛躍」が必要。ここで例に出したのが正月である。

人類は長き生活体験を繰返す中に、何時しか年の始めを考案した。それが旧暦であつても、新暦によらうとも、ともかく一月一日の日を作つたのである。(略)十二月三十一日の夜が過ぎると、村も街もはじめて静寂にかへるのである。戸毎に雑煮の香りがする。国旗がはためく。 

  大晦日から元日になると心が転換し、精神の飛躍になる。このやうなことを人の力でやらうといふ。正月を作ることにより、国民精神を転換させる。

国民の心にこの歴史的転換を与へることが、維新である。つまり歴史にお正月を作ることである。この一瞬を作るか否かは、後の生活の姿を決定する。 

  実際の運動として考案したのが、改造断行上奏請願運動。署名を集め、請願令により改造を上奏する。明示しなかったが宮様内閣を計画し、田中智学、頭山満内田良平らの自筆ももらった。

 これが挫折し、東亜共同体論など船口の考へに反する動きが出てくる中、死去する。

 

 

・この前の金曜日のマンガ、裁判で弔問と聞こえたといふのを批判してゐたけれども聴聞といふのを誰も指摘しなかったのだらうか。

井口龍北「適当なる脂肪は、女性に於ては、その美に多大の貢献をなす」

 『秘密 結婚身元調べ方』は井口龍北著、大正7年8月発行、人事調査所発行。井口は元万朝報社員、人事調査所長。人事調査所は衆議院内議員倶楽部内にあった。

  結婚前に、相手の身元を調査することが大切だとし、その項目や注意事項を解説してゐる。項目は戸籍、血統、家庭内情、資産状況、教育と経歴、技芸、性質、品行、病気、容貌など多岐にわたる。

 容貌は見れば分かるのに何を調査するのかといへば、これは見合写真の話。見合写真は必ず修正されてゐるので、本人の容姿を確認しなければならないのだといふ。

写真師が技術を用ふると全く別人のやうに、写真の表にてたとへば清楚な白百合のやうに、また濃艶のやうに美化され、純化されて現はれるのである。

故に単に見合写真のみに惚れ込んで縁談の進行に委するは危険も甚だしいものと言はねばならない。 

  ほかには、女性には脂肪があるほうが良いのだと述べてゐる。

 

適当なる脂肪は、女性に於ては、その美に多大の貢献をなすものである。女の皮膚は普通に雪白、緻密繊細である。脂肪は女性のその雪白華麗の皮膚を豊艶滑沢ならしめるものである。その容貌美はあらゆるものに先ちて異性の眼を惹き、憧憬思慕の思ひを起さしめるものである。また脂肪と女性の天職とは深い関係あるを忘れてはならない。例へば痩せたる婦人は妊娠力に乏しい世上数多の実例を注意しなければならない。

 

 脂肪のある、雪のやうに白い肌は、何よりも異性の眼を惹く。妊娠、出産するにも脂肪が必要なのだと論じてゐる。

 巻末には調査申込書があり、切り取り線がついてゐる。希望者はこれを持参か郵送して、調査を依頼することができる。

f:id:josaiya:20200202210322j:plain

 

加藤喜孝「来らなくともよい、黙契を交しておかう」

 寒いから暖かくなりたい。

『二陣三陣』は二陣三陣社発行の国体政治宣伝パンフレット。「二陣三陣」といふのは日蓮の遺文から採られた。第2号「吾人の観たる現代政治と我等の運動」は昭和2年4月29日発行。

 表紙裏の「二陣三陣の使命」を見ると発行者の性格がよくわかる。「政権掌握に向つて、不惜身命の信念をもつて驀進する」「吾人ならざる一切のものに、同化的戦闘を宣言し」「血を啜つて起てる若党」。政権掌握のため、熱狂的な活動を行ひ、要求する。

 宗教的な内容はなく、激越な煽動や政治への不信が盛り込まれてゐる。巻頭言の次は加藤喜孝「民意政治を葬れ」。「内容」と異なってゐるので切り取りか落丁かと心配したが、掲載順が違ふだけで全部載ってゐる。

 加藤は民意を尊重する立憲政治に代はる、国体政治の確立を主張する。

多数は正也とするのが政治でなくて、多数を正しくするのが政治である。過去は問ふまい。今や正しき本当の政治が生れなくてはならぬ時だ。もう虎の門では銃砲が鳴つてしまつたのだ。 

 

今の日本に要するものはドギツイ刺戟である。頭のテツペンから足の爪先まで、ビリビリツとくる様な、猛烈な刺激である。現代はそれを求めてゐるのだ。左傾と云ひ、右傾と云ひ、今の思想的動きは、要するにこの刺戟を求むる心が、大なり小なり手伝つてゐるのである。

 

 

 満天下の青年諸君! 諸君はこの日本を、吾等の、日本を、吾等の祖先の日本を、吾等の 天皇陛下の日本を、この儘見殺しにしようとするのか。この儘見殺しにしようとするのか!

 吾等と志を同じくする人よ来れ。……来らなくともよい、黙契を交しておかう。今の日本を救ふべき者は吾等青年の外にない。悪い世の中と十分腐れ縁の出来てしまつた既成政治家などに何を云つても駄目だ。時は今だ。 

  銃砲だとか見殺しだとか、刺激的な語句が躍る。同志よ来たれと呼びかけるととともに、来たらなくてもよい、黙契を交はさうといふ所など、ほとばしる情熱と力強い確信ぶりを示してゐる。

 佐藤三郎「今の所謂政治とわれらの政治」は、世界と人類を見つめる。

 即ち国体政治が興らねば、日本はどうにもならないのです。そして日本にこの日本の本当の、正しい立派な政治が興らない以上、永久に世界と人類は闇です。

 永遠に平和は来ないのです。 

 

人類を救済する政治、これ程偉大な、これ程尊厳な、そしてこれ以上美るはしい政治はありません。我等は之を行ふのです。そしてすべての人が之を讃せねばならないのです。それが即ちまさに我等の興さんとする国体主義の政治なのです。

 

  佐村笛童「厳かに我はうたはむ」は61首の和歌の連作。頭にカッコ付きの番号が振られてゐる。感傷と激情が入り混じった佳い歌がある。

 

(40)真心をこめて語ればそゞろにも人より早き我涙かな

(45)一つ良き歌の出来たり心地よし今宵はすべての歌を焼くべし 

f:id:josaiya:20200127193105j:plain

 

 

 

f:id:josaiya:20200127193121j:plain

f:id:josaiya:20200127193139j:plain



・この前の神田さんの番組、全く将門に触れず、この路線でいくのかと思ひながらみた。

ぐらい銭を戒める河合省鑑

 『之は悪い癖だ』は河合省鑑著、瞳社出版部、昭和4年3月10日発行。手元のものは5月1日の5版。序は工学士の高亮範、合同毛織今津工場工場長の藤本弥治太郎、経済学士の黒田格。

 河合が自身の悪い癖を綴った書で、「用事もないのに外出する癖」「物を粗末にする癖」「心の散乱する癖」「間食する癖」などが取り上げられてゐる。その中に「ぐらい銭(ぜに)を使ふ癖」といふのがある。

 

 ぐらい銭と云ふは、どんな銭かと云ふと。一銭ぐらい。五銭ぐらい。十銭ぐらい。うどん一杯ぐらい。林檎一つぐらい。活動写真一度ぐらい。と云ふやうに、ぐらい。ぐらい。ぐらいぐらいと、云ふて使ふのを云ふのである。

 

  少しの金額だから、ささいなことだからといって、つい無駄使ひをすることらしい。初めて知った。

 ある青年の話が良い。その青年は、他人の持ち物や着物を見ると、すぐに値段をつける悪癖があった。

『あゝ好い着物ですねー、いくらで買ひました、五円ですか七円ですか』。

と云ふ様に、帯でも、足袋でも、腰巻でも、始めて見る物なら、新らしからうが、古からうが、そんなことには頓着ない、すぐに値段をつけるのである 

  しかもいつも実際よりも安い値段を言ってくる。かういふ人は今でもゐる。しかしこれは感情を害する悪い癖だ。友人が忠告した。

 『なる程、考へて見ると、君の云ふ通り、僕はたしかに品物を見ると、露骨に値段をつける癖がある、今君に云はれて、始めて気がついた。ありがたう、もう今からすつかりと其癖はやめるよ、ありがたうありがたう。あゝ持つべきものは友なりけりだ。よいことを云ふてくれた、君の今の一言は確かに、千円の価値があるよ』

 f:id:josaiya:20200119230534j:plain

堀田善太郎「楠公がスポーツ訓練の宗祖だ」

  『密宝楠公遺訓書』は堀田善太郎編著、昭和7年11月、楠公研究会発行。堀田は元新聞記者。明治41年、奈良で老人から「楠公正行へ遺言の事」といふ写本を受け取った。腐敗堕落する現代社会を憂へてゐた堀田は、その内容を読んで大いに悟るところがあった。「最も優れたる国民読本」と信じ、刊行することにした。

 「遺訓の解説と敷衍」の章は20項目を費やして、現代社会にいかに有用かを解説する。楠公は「孔孟老荘諸聖賢に通じ、而も其諸説を渾化一統して之を体得した」。

 15項目目は「スポーツは日本を元祖とす」。

オリンピツクと云ひ、スポーツと云ひ、皆舶来のものだと速断する輩は、楠公がスポーツ訓練の宗祖だと云へば、斉しく微苦笑するでありませう。併しながら、真のスポーツは我が国に厳として存在し、而も世界に比類なき大和魂を練り固めしめたのであつて、断じて舶来の精神ではないのであります。 

 堀田は下位春吉と全国を行脚。下位がボーイスカウトの創始は白虎隊にあると語ってゐたこと、楠公を崇拝した乃木将軍がスカウトを閲兵したことなども織り込みながら、楠公精神とスポーツマンシップの共通性を論じる。

 16項目は「左翼と右翼と中庸道」。大量の刊行物の弊害と取り締まりを論じる。

相当の取締を実行しつゝあるとは云へ、多くは其内容の章句を削り或は其一部の抹殺を命ずる位にて、甚だしきに至つては、其間…、又は〇〇を挿入して発行せしめ、読者をして一層の好奇心を浚らしめるものさへあり、果して何の取締なるかを怪しまざるを得ないのであります。 

  部分的に伏字にしたり削除したりするのでは、かへって読者の好奇心をそそる。これでは取締りの意味がない。

 本や新聞は商業主義、センセーショナリズムで読者の興味を引くものが発行される。現代人はそれを丸のみに読書する。

咀嚼せず、玩味せずして之を丸呑みにするが故に、直ちに其中毒に陥り、食傷に罹り、遂に一身の帰趨を過るに至るのである。 

  古人は違った。もっと真剣に読書した。「疑問の存する所は、紅紙を張り、感銘の齎す所は、朱点を印し、之を師に質し、友に求めて自ら過らざらむことに努め」と、「冷静と謹厳とを以てした」。

 楠公は右傾も左傾もせず、公明な絶美絶大の人格者であった。学問には研究的態度をもってゐた。さういふ自己を確立することが読書には大切なのだといふ。

 特に新聞については、別に論じてゐる。新聞は社会の縮図である。その感化力は大きい。悪いことの影響も大きい。

醜事実悪行為を掲載するものゝ如き、その手段、その方法をも描写して、人の興味を唆るに至ては、更に一層の感化を齎らしつゝあるもの 

 新聞記事を模倣し、堕落するのは活動写真のやうなものだと警鐘を鳴らす。このやうな現代社会にこそ、「活眼を以て活書を読む態度」、楠公の教訓「天眼通を得る時は剛敵を破る」が必要なのだと説く。