へその緒祀った彝倫道協会

 『建国の由来と彝倫道協会の概要』は奥付がないが、文章中に皇紀2600年1月の日付があるので、昭和15年頃の発行。26ページの冊子。

 彝倫道協会宣言によれば明治45年設立し教義を定め、奉斎、祭祀、慰霊、祈祷、蔵祀の事業を行ひ殿堂を建立。以来30年に及ぶ。

 彝倫道協会綱領は12条に亘って事業を列記し、全てに御製を添へてゐる。例へば第一条信仰。

信仰 本協会ハ 明治天皇ヲ信仰ス

御製 罪あらは我れを咎めよ天つ神民は我か身の生みし子なれは

御製の部分は赤字。

以下、天照大御神神武天皇明治天皇、歴代天皇を奉斎し、西郷隆盛元田永孚渋沢栄一を祭祀し、と続く。その中に、蔵祀といふ見慣れない単語がある。

蔵祀 本協会ハ 皇統弥栄ノ神慮ヲ体シ臍帯ヲ蔵祀ス

御製 なほさりに思ひしことも年をへておもひかへせはこひしかりけり

 臍帯とはへその緒のこと。へその緒を収蔵して祀ってゐたやうだ。皇族のものか会員のものか詳しくは分からない。

 役員一覧も載ってゐて、会長は横山三郎、補導として頭山満。顧問は16人で一条実孝(また!)、井上哲次郎などと続く。中野正剛や真崎甚三郎、近衛文麿もゐる。彼らのへその緒も蔵祀したのだらうか。

藤田一郎「天地万物は神造神作にあらず」

  

 『執中学派立教大意 執中学則略解 執中学派主義目的 執中学派々憲』は、表題の文書を一冊にまとめたもの。奥付なし。正誤表つき。「執中学派立教大意」は藤田一郎述、明治20年3月22日とある。

 藤田一郎が立教した執中学派について紹介されてゐる。執中学派は、藤田が古代の聖賢の説や宗教書を取り込んで打ち立てたもの。宗教の非科学的な部分を指摘し、人類の新たな行動哲学を明らかにしようとした。

学則の第一は「天地万物為自然之物」(目次では天地~、本文では地天~。)。「天地万物は神造神作にあらず」と論じ、聖書の教えは間違ってゐると主張する。地球には暑いところ寒いところなど、人類にとって無駄な地域が多すぎる。陸地と海の交通の便も悪い。「不備不整頓の構造」だといふ。天地万物は造物主、つまり神が造ったものではなく、自然にできたものだと論じる。

 人類以外に神がゐるといふのも間違ってゐる。優れた人間のことを神といってゐるだけだ。特に文字を発明したり、法律を作ったりして、公衆に大益をもたらしたものを神と呼ぶべきだ。

人類外に神明あり人類外に至尊ありと言と雖も文字なくんば之を如何せん文章なくんば之を如何せん

 第六則「文武人類自然之要器」でも、文について「天地万物を記録し古今各国興廃存亡の事跡を編纂し…至貴至便の要器なり」と、文の大切さを論じてゐる。

 事業としては、英国の万国仲裁及平和協会と平和主義で提携を模索して文書を交換してゐる。大日本執中学館や執中館分校の建築も計画されてゐる。

 学則は多岐にわたってゐる。30歳までは飲酒をしてはならない。早くに隠居してはならない。古代には仁徳天皇が35歳で即位し122歳で崩じるなどの例があるが、平安時代は子供のうちに即位し在位はわずか数年。これは仏教の厭世観による悪弊だと論じる。

 10年ごとに写真を撮るべしといふのもある。死後、子孫が喜ぶのだから、経済的に難しければ一生に一度でもいいから撮るのがいいといってゐる。

 葬祭法の決まりは詳しい。学派員は僧侶などに任せず、子孫で自葬すべきだとする。父母の遺骸を葬るのは子孫の本務だとしてゐる。

 

 

・『指名手配議員』鈴木信行著、集広舎、読む。著者の半生を、関係者の実名を挙げたり伏せたりしながら振り返ったもの。写真は義勇軍時代のものなど。会社回りのときの機関誌の購読料も載ってゐる。看守が野村秋介の本を渡してくれて、著者の進路に影響してゐる。韓国関係は筆が乗ってゐるが、党内の内紛の部分は重苦しい。周辺の人物が持ってゐる「一瞬の狂気」を描くところが生き生きとしてゐる。

新社家には神罰下ると痛罵した鈴木義一

 『みかげ』は鈴木義一著、昭和59年9月発行、賀茂御祖神社々務所発行。非売品。著者の喜寿神職身分特級昇進、神職生活50年を祝賀して編集、発行された。序文は二條弼基、黒神直久。

 著者は明治40年7月、愛知県生まれ。22年間神宮に務め、部長や関連施設の長を歴任した。のち賀茂御祖神社宮司、名誉宮司

 本書には各種機関紙誌への寄稿、ラジオ放送の内容などを集めた。教学的なもの、神職の心構へを説いたものが印象に残る。

 「心は神の如く身体は野獣の如くに」は、冷蔵庫の鮒が俎板の上で息を吹き返したことをヒントに、神職も頑健であれと論じたもの。

 「混迷下に立つ神社人」は天皇論。ある講習会での青年神職の言葉を紹介してゐる。「…僕が思ふには、今の日本は天皇と独占資本家とがぐるになって無産大衆を苦しめてゐる実情なので、こんな天皇制はむしろ無きに如かずですね。」。実は鈴木自身も若いころ、似たやうな考へを持ってゐた。古社の祭祀には、大和朝廷確立以前のものもある。それならば天皇を離れても民族があれば神社神道は成立するのではないかと考へてゐた。しかしそれは戦後民主主義に幻惑された過ちで、現在は日本と天皇は不可分一体に考へるやうになったとしてゐる。

 「新社家の出現」は、憤りをもって戦後の新社家を非難する。

果して利己主義や特権階級意識にもとづく祀家の世襲化や社家の新造が御神意に叶ひうるものとは思はれない。而も大社・名社に偶々終戦時に職を奉じてをり、人事に強大な力を有する機関を失った機会に、自家の経済的、地位的安全を希ふの余り、居坐りをきめ、而も子々孫々にその恵まれたポストを継承せしめようと画策するが如きは、清浄正直を要求せられる神の御心に悖り、神罰を蒙むること火を見るよりも明らかである。

 長い歴史のある社家については意義を評価してゐるが、戦後の新社家は御神意に叶はず神罰を受けるに違ひないと痛罵する。その後も、老先輩が大岩のやうに立ちふさがったり、有能でない子弟を要職に据ゑたりする不祥事は許されないと指弾してゐる。

 各文章には発行物の発行年月日が付いてゐるので、著者が何歳のときに書いたか分かるやうになってゐる。

下位春吉の話を覚えてゐた金川服三郎

 『須田町印刷工場報』は昭和14年5月発行の非売品。巻号はないが創刊号らしい。51ページ。須田町工場が優良工場として表彰されたことを記念して発行された。写真は看板、表彰状、26名の集合写真、工場体操の様子など。

 工場は衆議院議員、滝沢七郎の印刷工場としてつくられた。その父の著書、『瀧澤有徳遺稿』を印刷し、天覧の栄に浴した。

 小林正雄社長や社員らが、社の様子や働き方などを語ってゐる。

支配人の加室正義は、働く者を叱咤鞭励する。

意義ある人生を、有り難い生命を、自分勝手に区切りをつけて、俺はもう駄目だとかもうこの年になつてはと自ら限るのは謙遜の度を過して居る。一山登り尽したら更に又一山、白雲迢々として路は窮まらず「志」を高く「望」を大きく、一念発起する処に新しい生命の世界が闊然として開けてくる。

 安全委員長の篠原武志は、工場の神聖さを強調する。工場には神棚があった。

当須田町工場は社長の所有にして所有にあらず、全従業員のものなのだ、そして天地の神様のものである、一本の活字も亦一枚の洋紙も一個の造作も、全部が全部神様のものである。我がものに為す時は必ずや神様の罰を受ける、唯々神様が我等を信じて一時我等にお国の為、御皇室のお為に、活用せよとお借し下さつてゐるのである。 

 社員の金川服三郎は、自分は書くことが得意でないとか書くことが見つからないとか、16行にわたって苦悩ぶりをつづる。その後に書いてゐるのが、以前聞いた下位春吉の話。下位はイタリアやムッソリーニについて日本に紹介した、在野の人物。

 イタリアの少年団は右手を挙げて、「アノーイ」と言ふといふ。これは「我に権利と義務を与へよ」といふ意味。権利と義務とは全く別のものではない。清掃や交通整理なども単なる義務ではなく権利だと考へて、責任をもって担当する。人間には怠け心だけでなく、自発的に社会の役に立たうとする心もある。さういふ美点を生かすやうになりたいと抱負を述べてゐる。

 文筆の専門家ではないと言ひながら、以前聞いた下位の話の内容をよく覚えてゐて、自己の指針にしてゐることがよく伝はってくる。

 

 

 

変態的知識欲漢だった狩野獲麟

 『教導』は日本大学宗教学科教導会発行。創刊号は昭和9年4月発行。教導会は日本大学宗教学科の在学生と卒業生の連絡機関。大正6年の宗教科設立以降、自然に組織されたといふ。12年の関東大震災でなくなったものをこの度復活させた。会長は小松雄道。

 『教導』創刊号には講師の論説や校友(卒業生)の動静を載せる。校友の狩野獲麟は「学園より社会へ―その後の所感―」を寄せた。狩野は学生時代を振り返って、「神田の町を歩く時、素通り出来ないのは古本屋の前であつた」などと貪欲に知識を求めてゐたことをつづる。

 書店の前に来ると、まるで腰がぬけた様なものであつた。絶好の哲学書類を発見した時などは下宿屋の宿料を明日払はねば絶対に其の宿に居れないために苦面をして懐にしてゐた金を其のまゝポイと使つて終つた。宙を飛ぶ様にして宿の書斎に帰り宿料のことなど眼中に無い、かみつく様にして血走る眼を紙背に注ぎ読み明したものであつた。それは変態的知識欲漢であつた。

 家賃を払ふためのお金を本に使ってしまひ、目を血走らせて読書したといふ。宿料はその後どうしたのか、部屋を追ひ出されたのかは書いてない。その後も、乱読はしたが系統だった学問はせず、趣味もパッとしない。「デパートか雑貨店に行った様な自我分裂の醜体」と自嘲する。

 後半は講義題目や教授・講師、校友、在校生の名簿。関寛之の授業は宗教心理学及変態心理学。狩野の変態的といふのもこれに影響されたのだらう。宗教学科らしく、校友の肩書や住所のほかに(真言)とか(本派)とか宗派が書いてある。(神)は神道で、靖国神社の主典もゐる。変はったところでは(済世)といふのもあり、これは仏教済世軍のこと。新聞社勤務も多い。帝都日日新聞が2人ゐる。これは真宗信者だった野依秀市の関係だらう。

 狩野獲麟は大正12年度卒業生、71名のなかに名前がある。旧名は源治。長崎県出身で、深川仏教会館長、幼稚園長、中央産業学校長などとある。

 このやうに日本大学宗教学科が幅広い人材を輩出したことがわかる。

 

 

 

・『ジョーのグッドニュース』伊田チヨ子、KADOKAWA読む。1920年代のニューヨーク。新米の女性新聞記者、ジョーの活躍を描く漫画。帯文に「ニューヨークの陰影!」とあるけれど社会派の重苦しい内容ではない。明るくお転婆なジョーが事件に巻き込まれたりするコメディタッチ。取材はするけれど記事を書いてゐる様子はない。フォード社を連想させるフォルム社の社員として潜入し、機械的な労働に閉口する話は少し陰影があるかも。タイトルは「素晴らしき哉、労働!」。

北条秀司がハルピンで出会った大野由紀子

 『枻 人間讃歌』は枻出版社発行。木偏に世でエイと読む。ファミリィ、フレンド、フィロソフィそしてフリーダムをテーマとする人間礼讃誌を謳ってゐる。隔月発行で昭和49年1月号は第2号。正誤表つき。特集は大満洲。現代ではなかなかこのタイトルはつけられない。執筆者たちは当然、実際の満洲を見聞し、思ひ出を語ってゐる。

 武藤富男は

背景を無視していたずらに自虐的になり、日本は満洲を侵略したと考えるのは、必ずしも正しくないと思います。

 と意見。条件が揃へば四十年後の満洲日本陸軍が居ない独立国か、日本領土になるか二者択一を迫られただらうとか、政策や運動も実を結んでゐただらうなどと、実現しなかった夢を語ってゐる。宗教についても、ユダヤ教キリスト教になったのと同じやうな現象が起きただらうといふ。

 浅草本願寺住職の本多賢純住職は、チャムスにあった弥栄村の思ひ出。師匠の田中舎身や頭山翁に頼み込んで渡満した。

 島田一男も満洲日報記者時代のことを語る。父が後藤新平の子分で同社の記者だったとある。甘粕の柔道、江連力一郎の日本刀、伊達順之助の拳銃が満洲三人男と呼ばれてゐて、彼らを含めた人物の短評を寄せてゐる。

 劇作家の北条秀司は「ハルピンで会った婦人」を書いてゐる。満洲には「内地では考えられないような人物」がブラブラしてゐた。大野由紀子(仮名)もその一人。大野さんは多額の機密費を使って、劇作の取材をする北条を接待し、小遣ひもくれる。20歳にも50歳にも見える。デスクにはゐなくて名刺も持たない。ロシア語は流暢。

「現実を知っていただくためには、恥部も視ていただかなくてはいけません」

そう言ってある夜は売春クラブへ連れて行った。

参加するやうにといふ勧めに抗ふと、大野さんに叱られた。「いったいこの人はどういう経歴を持つ婦人なのだろうか」。ウクライナの方から来たとか、凄い閲歴を持ってゐるとかいふ噂も耳にした。「しかし、どう見ても大野さんは高貴な教養婦人である」。

 

 

 

源義経入満説を唱へた松室孝良

 無類に面白かった。『大陸秘境横断』は島田一男著、昭和47年4月発行。岩淵慶造装幀。島田は推理小説・探偵小説作家。その前に満洲日報記者として15年間勤務してゐた。

 本書は10章にわたり、島田が各地を探訪した取材行をもとにしたもの。ノンフィクション。多くは写真班の山口晴康との道中。本文の後に附記として後日談などを追加してゐる。満洲大自然や出来事が生き生きと描かれ、登場人物も多彩。当時の写真も多数。

 ある章は、日満連合猛獣狩り大会の様子。指揮者の一人は馬賊の辺見勇彦。誠文堂の小川菊松も参加してゐる。ある章では鏡泊湖に山田悌一らを訪ねる。山田は国士舘創設者の一人で、満洲で開拓に従事。子孫が繫栄し、一大観光地になる夢を島田に語る。ある章では甘粕正彦の勧めで、鉱山に砂金を採りに行く。ある章では天文学者と共に、皆既日食を記事にしようとする。

 ある章では熱河に向かふ。途中、松室孝良らと移動した。松室は特務機関長。実に穏やかな人だといふ。自動車内で、源義経の入満説を語ってゐる。満洲にやってきた義経が、日本の平泉にあやかって平泉(へいせん)と名付けたなどといふ。これには小林胖生が反論する。小林は考古学者で、丙午や娘々の研究者。

 遠泳の取材記事で、途中で海蛇が現れたと書いたところ、水産試験所の技師からライバル社に投書があった。その海域に絶対に海蛇はゐないといふ。でたらめだといふ。島田は真相を明らかにするため、試験所の調査船に乗り込む。水産試験所の技師と新聞記者、はたしてどちらの主張が正しいのか?

 またある時は、揚子江を遡上する掃海艇に同乗。そこには音羽正彦も乗艦してゐた。朝香宮鳩彦王の息子で、明治天皇の孫でもある。臣籍降下して、海軍軍人の道を歩んだ。戦死者も出る激戦を終へ、中国兵の探索を名目に、上陸してある施設を訪問した。

そこには戦時下とは思はれない光景が広がってゐた。

「――モダン桃源郷だな、ここは……」

 藤田画伯がひとりごとのようにつぶやいた。

 のちに文庫化されたが、この単行本は桃源社発行。