ハイジャックで沖縄行幸を阻止しようとした章二のバラ作戦

 『天皇が沖縄に来る日』は大城翔著、月刊沖縄社発行、佐久田出版発行。1984年4月発行。表紙には「天皇は果して沖縄の土を踏めるか?」とある。文字だけだが、裏表紙には立ち上る黒煙と炎が描かれてゐる。あらすぢには以下の文言。

 

ハイジャック事件発生!その目的は?

成田発ロスアンゼルス行きのジャンボ機が乗っ取られ、羽田空港緊急着陸した。政府とホワイトハウス間で息づまるような交渉が展開された。日米両政府を事件の渦中に巻き込んだハイジャッカーの狙いは何か? 400名の人質の運命は? 天皇の乗った特別機は?

ドラマは以外な結末を迎える――。

 「以外」はママ。扉絵はジャンボ機を背景に、顔を隠したテロリスト風の人物、火炎瓶を投げようとしてゐる者、時計の文字盤が描かれる。装画は安室二三雄。

本書は沖縄の本土復帰13周年に際して計画された、天皇の沖縄行幸を阻止しようとする小説。主人公の章二は北海道出身の元自衛官。沖縄で不発弾処理などをしてゐたが、隊内の皇民化教育、右傾化する政治状況に危機感を深め、沖縄の人々と交流し、彼女もできた。彼女の母は旧日本軍に殺害されたことを知り、自衛隊をやめて上京した。自衛隊天皇の来沖で士気を頂点に高め、反動の道を進み、歴史を逆流させようとしてゐる。戦後にけりをつけ、沖縄を忘れようとしてゐる。

 章二は作戦のため、ゲリラ戦や公安事件を研究した。

章二の部屋はこうした研究書や文献、推理小説などがぎっしりつまっていた。この部屋にはいった瞬間、誰でも「革命の匂いがただよう部屋」であることを感じ取るだろう。そのため章二は、夏子にさえアパートを教えなかった。秘密の部屋でしか完全犯罪は成功しない。

  警察は過去最大の人員を沖縄に投入する「菊作戦」で厳戒体制を敷いた。これに対し章二は自らの作戦を「バラ作戦」と命名行幸阻止のため、ハイジャックを計画した。それは警備の裏をかき、米国を巻き込んだ「史上最大の作戦」だった。

 警察、県知事、新左翼らの思惑を交え、事態が進展してゆく。右翼も登場し、行幸賛成を訴へる。

賢明な県民の皆さん。一部の国賊の扇動に乗ってはいけません。天皇陛下の初めての御巡幸を心をこめて歓迎しましょう。各家庭に、日の丸をかかげ、沖縄全県下を、日の丸の旗で埋め尽し、沖縄県民が日本国民であることを今日こそ正々堂々と主張しましょう。 

 あとがきで著者が「事実とフィクションが渾然一体となっている」と記すやうに、過去の警察の失態、ハイジャック事件などが参考にされてゐる。米兵が金や女ですぐに協力するのはご都合的だが、犯人と管制塔とのやりとりなどは緊迫したものがある。

 

朝日新聞の100年読者たち

 面白く読んだ。『ありがとう100年読者 エッセーと100年読者お名前』は朝日新聞大阪本社発行。編集後記は2000年1月25日。

 朝日新聞の創刊120周年、21世紀を迎へるにあたり、100年読者とエッセーを募集した。

 そのうち最優秀賞1本、優秀賞3本、入選218本、合計222本のエッセーを1冊にまとめたもの。紙面には執筆者の名前と市町村名だけで、タイトルも年齢も明記されてないのが惜しい。

 どれにも朝日新聞への愛情が詰まってゐる。多くは、祖父や曽祖父の代からの読者で、先祖代々の購読者。一家一族の伝統なので、自分の代で変へるわけにはいかない。また、引っ越しても朝日、嫁に行った先も偶然朝日。独立した子供や兄弟も朝日。そんな熱狂的な朝日ファンたちの生の声が届けられてゐる。

 新聞への接し方、読み方などの貴重な事例集にもなってゐて興味深い。

 岡山県のAさんの文章が象徴的だ。Aさんの家は田舎で、活字に触れる機会もなかった。しかし数分だけ、新聞紙を手にする時間があった。

それはお便所の中だけだった。都会ではいざ知らず当時の田舎では未だ今の様に白いトイレットペーパーなど無く、殆どの家庭が代用品として新聞紙を排便の後始末に利用していたのだった。B五判の大きさに裁断された新聞紙は薄暗いその室の片隅にきちんと積み重ねられていた。

  このときは地方紙だったが、学校のテストを朝日新聞の社説から出すと先生から言はれた。そこで親に頼んで朝日新聞に換へてもらった。

それまで目も通したことのなかった新聞に目を通す様になったのはその時からだった。読めない、理解出来ない。知識不足の私にはレベル高すぎて本当に面白くない新聞だった。 

  初めて朝日新聞を読んでも読めない。頭に入らない。マンガくらゐしか読むところがない。それが不思議に読めるやうになり、今では他の新聞を受け付けられないまでになったといふ。

 神戸市のBさんは子供のころの思ひ出。

用済の古新聞は貴重なもので、家庭内で使用する包装や、かまど、風呂の焚き付けには、すべて古新聞を利用したものである。

 小学5年のとき、誤って古新聞ではなく、その日の新聞を焚き付けにしてしまった。父に白状すると叱られた。

「…新聞は泣いているぞ。新聞は大勢の人が、昼夜を問わず協力しあって作った情報の集大成や。それに早朝、寒い日も、風の強い日も、大雨の日も配達してくれる人のことを思ふと、新聞を粗末に取扱ったり、足で踏んだりしては罰が当たる」

 新聞は粗末に扱ふと罰があたるほど尊いもの。だからといって普段は永久保存などせず、翌日になったら一転、燃料や包装に再利用される。畳の下やタンスの中に敷く人も。世の中の動きを知るときも、日々の身近な暮らしにも、いつもそばには朝日新聞

 高知県のcさんは学徒出陣した兄の思ひ出。手紙で、朝日新聞を送ってほしいと言ってきた。

今持って来ているのは歳時記と聖書だけなので、アポリネールの詩集とサマセット・モームサミングアップと朝日新聞を出来るだけ沢山送ってほしいとの事であった。

 父はさっそく一部を二部にふやし朝日新聞を取り、長兄が転々と移動する地に送り続けた。

 歳時記と聖書などに加へて必要なのが朝日新聞。実家から送ってまで読ませた。

cさん本人も朝日新聞の熱烈なファン。

朝日新聞をつらぬく思想、文芸、芸術に対する鋭さ、音楽への批評文どこを開いても心魅かれる記事が多く、毎日私の沢山のスクラップのためレースの如き紙をみて友人は笑う。

 切り抜く記事が多いので、切り取ったあとの新聞はレースのやうに細長い部分ばかりになってしまふ。スクラップは多くの人が実践してゐる。貴重な休日を費やしてゐると自嘲したり、ライフワークだとばかりに誇らしげな人もゐる。 

 

f:id:josaiya:20210613193141j:plain

f:id:josaiya:20210613193152j:plain

 

斎藤至「講談社はパラダイス」

 『社風美談』は大日本雄弁会講談社発行、昭和6年6月発行。講談社についての、名士や社員、少年社員による美談をまとめたもの。

 名士たちは、原稿の受け取りなどにやって来る社員を褒めたたへる。礼儀正しい、言葉が丁寧、実直、会社の悪口を言はないなどなど、べた褒めにする。

 東京高等師範学校教授、保科孝一は「当代の偉観」といひ、小説家の野村愛正は「感心のほかはありません」、東京堂卸部主任の鈴木徳太郎は「現代の奇蹟」とまでいふ。

 何人もの人々が、社員が待ってゐる間、玄関で履物を整理したり片づけたりしてくれたといふ。それで恐縮したり感謝したりしてゐるのだが、やり過ぎだと思ふ人はゐなかっただらうか。

 社外の人だけでなく、社内の人も褒めたたへる。斎藤至は入社5ケ月未満の新入社員。

 

少しく誇張して云へば此の世ならぬ『パラダイス』と云ふ感じだ。何が本社をして『パラダイス』たらしめたか? 偉大なる社長様であり、社長様の御心を心とする六百の社員少年諸君のよき魂でなければならない。(略)

 冷静に、冷静に見たのである。だが見れば見る程輝く本社であり、美しき社員及び少年諸君の心であつた。

 

 この人だけが特殊なのではなく、何十人もの社員、少年社員が会社や他の社員を褒めたたへる。何さんは深夜2時まで働いてゐる、誰さんは何日も徹夜してゐる、あの人は忙しくて何を食べたらいいかわからなくなったので、注文してほしといふ…。読んでも読んでも「美談」が続く。一つ一つの記事は短いのに、書く人の熱量が多くてなかなか読み進められなかった。

 ある正月、避寒で別邸に行く野間清治社長から、留守宅の管理を任された小保方氏。留守宅に異常がないやうに、「側目で見るもいたはしい程の潔斎精進ぶり」。夜警の少年が深夜に水音のする風呂場の付近を見回った。そこで見たのが小保方氏の姿。

 

この寒空に真裸になつて水垢離をとつて一心に祈願をこめてをられる小保方氏の気高き姿であつた。

 

 留守宅の平穏や、社長の安寧を祈願してゐたのだらう。深夜でなくともよいのではないかと思ったが、早朝だったのかもしれない。これを記した社員は、「神にも近い真心」と激賞してゐる。

 尚、野治社長が講談社の社是を論じてゐて、その一つに「渾然一体」がある。部屋が分かれてゐるのもその妨げになるかもしれないといふ。

 

形の上には障子一重に過ぎなくても、心の上に又障子一重が出来るといふやうなこともありますから、一切の障壁を廃し間隔を撤して、壁もなければ堀もない、紙なら一枚、水なら一椀、温かい血の互に交流する兄弟の情を以て、謂はゆる水魚の交りをなす。斯うありたいと思ひました。

 

 障子があれば社員の心にも障子があるやうなもの。障壁を撤廃し、間隔をあけないやうにするのがよいとふ。コロナ禍では難しさう。

稲葉晴忠「今は書物の余りに多きを怖れて居る」

 『赤城の森』は赤城学庭会発行、大正元年12月発行号は第36号。東京・牛込にあった赤城小学校の出来事や論説、読み物などを載せる機関誌。

「児童と課外読物」と題して、稲葉晴忠が5ページにわたって課外読物の良い点や悪い点を論じてゐる。目次の稲落といふのは誤植か。課外読物といふのはちょっと耳慣れないが、授業で読むもの以外、家庭で読むものだらうか。

 稲葉は、課外読物には教育上の害のあるものもあるといふ。

読書の為に反つて品性を害ひはせぬか。と考へられるものを折々発見する事がある。例へばジゴマの如き、講談倶楽部の如き是である。

 ジゴマは当時流行した怪映画、小説。犯罪の真似をするといふのでかなり問題になってゐた。他にも商業主義や不健全な思想に毒されることがあるので、注意深く選書をする必要があると説く。

出版物は漸く激増し来り、今や其の取捨選択に迷つて居る有様である。昔は書物の少きを憂へ、今は書物の余りに多きを怖れて居る。

 児童が課外読物をほしがるには理由がある。その一つは、児童は小学校入学ころから記憶力や読書力が増進し、教科書だけでは物足りなくなること。他には、教科書が無味乾燥であること、出版物が激増したことなどを挙げる。

 課外読物の利益については6点にわたって述べてゐる。「読書趣味の養成」。読書の習慣を身に着けることで、将来、自学自習で世の中をわたっていけるやうになる。「徳性の涵養」。「忠臣の義烈を慕ひ、孝子節婦の徳行を懐ふ」ことになるので、明らかに有益である。「健全なる常識の修養」。社会の速い変化に追いつき、混乱せずに健全な常識を修養できる。「金銭の濫費を防ぐ」。金銭を一時の飲食に使はず、「物質的の快楽を打捨てゝ精神的の快楽を得る事になる」。あとは「教科書の理解を助ける」「不健全なる娯楽の予防」と続く。

 「高尚優雅」「清新な娯楽」などの表現もあり、現代につながるところもある。

 一方、課外読物の弊害にも触れてゐる。家事の手伝ひを怠る。運動不足になる。濫読の結果、頭脳が混乱に陥る。

 弊害はあるものの、周囲が注意すれば利益の方が多いので、むしろ推奨したいと論じる。

 

・学力テストの算数は学校の図書室の話。貸し出しが多いのは良いことだといふ思想に基づいてゐる。冊数を増やすため、「地域の図書館」のシマを荒らさんばかりの勢ひ。

 

 [ 

祝詞を暗誦できた渡辺美智雄

 


 

 『大物が育つ家』はミサワホーム総合研究所編集・発行。昭和60年12月発行。「副題が「大物50人の自伝的家屋論」。「子育てに一家言あり―③」ともあるが、これは「ミサワ・チャイルド・ブックス」といふシリーズがあり、その3冊目といふこと。

大物の基準と人選の意図は不明だが、各界の50人が自分の育った家や環境、子供のころの思ひ出などを語ってゐる。「はじめに」は社長の三澤千代治。

 

お寺や教会などの大きな伽藍の天井には、いろいろな絵が描かれてあります。曼荼羅の模様や龍の絵など、子供心に大きな影響力があることは容易に考えられます。

 

 

などと、幼時の環境が人間形成に大きな差が出るのではと思ひを巡らせてゐる。

 衆議院議員渡辺美智雄は「門前の小僧、習わぬ経を読む」と題されてゐる。渡辺は小さいころ、伯父の新太郎の家で暮らしてゐた。伯父は神職資格をもってゐた。

 

神社は持っていなかったものの、朝には、しばしば神棚の前で祝詞をあげていた。渡辺さんは、よく神棚の前の水を換えたうえ、一緒に神棚を拝んだ。

だから、小学生の頃には「高天原……で始まる祝詞のくだりを、そらで言えたよ」と渡辺さんは言う。

 

 渡辺は大祓詞を暗誦できたらしい。それを「習わぬ経」に例へてゐる。

 

 西川次郎は古河鉱業社長。祖父は宮内省で侍医を務めた西川義方。12畳ほどの応接間について語ってゐる。

 

その中は天井まで作り付けの書棚で本がびっしり。本といえば、おやじは応接間のとなりの書斎にいたのですが、ここも座る場所もないほど本の山、それに二階の六畳の間も書庫のようになっていましたね。

 

 と、大量の蔵書を語る。西川は兄弟が多く、その教育費は義方の著書、『内科診療の実際』の印税によって賄はれてゐたといふ。この本は昭和の初め、10年ほどの間、ベストセラーだったとある。

 なほ、作家の青木雨彦はこれと対照的に、うちの中には神棚と仏壇、タンス以外の家具もなく、その上「とにかく本が全くなかった」家だったと回顧してゐる。

 そのほか、食事はどの部屋で誰と摂ってゐたかといふことを多くの人が記録してゐる。最後の章は「子供部屋の思い出」で、三好京三戸川幸夫、森瑤子、中村メイコらが語ってゐるが、ほかの章でも子供部屋を語る人が多い。勉強部屋ともいひ、兄弟と共有したり、大人になった気分だといったりしてゐる。子供部屋反対論者もゐて、部屋にこもって良くないなどと論じてゐる。 

 

 

f:id:josaiya:20210523164049j:plain

f:id:josaiya:20210523164135j:plain

f:id:josaiya:20210523165115j:plain

 

丁髷と禊に生きた瀧澤有徳

 『隠士 瀧澤有徳』は緒方弦雄著、先哲顕彰会発行、昭和17年7月印刷発行。長野の上田で明治大正を過ごした瀧澤有徳について、略伝、追悼文、著作をまとめたもの。

 瀧澤は弘化4(1848)年3月生まれ、大正10(1921)年7月12日没。息子の瀧澤七郎は衆議院議員も務めた。隠士とあるやうに、市井に隠れて生きた養蚕農家だったが、実は知る人ぞ知る学者だった。最期まで切らなかった丁髷と、毎朝の禊の実践が異彩を放ってゐた。親しくしてゐた林充胤の回顧がわかりやすい。

一生言あげせずで押通された人であった。相当の学識をもちながら、塾舎を設けねば、随て門弟も集めず、全く瑞穂の御民として一切言あげせぬ神随的の人であつた。(略)時流を睥睨する翁の姿態は実に神々しくも又勇ましきものであつた。この姿態こそ翁として一種の言挙と見るべき 

  著者によれば、有徳の生きた時代は「外来思想翻釈の陶酔時代」。

皇道を論ずるものは頑迷固陋の徒の如く、或は右翼危険人物の如く遇せられたこともある位であつたが、其の中にあつて有徳は終始一貫 皇道を唱道し神道を行ひ  皇道の隆昌を祈つた生活をしてゐた。

 学問上の特別の師はなく、父から教えを受けた。著作は神道儒教を組み合わせたやうな内容で、人の道を説いてゐる。 易や治病にも通じ、明治年間に消失した軍艦、畝傍の行方も占ってゐる。

 基督教に対しては、独自の見識を示した。上田にも教会堂が建てられ、帰依する者も出てきた。これを排撃する者も多く、有徳も国を害する面を指摘してゐる。一方博愛など採るべき点は評価し、自身も聖書を読み、子供たちに聖書の講釈もした。

 勤倹や正直を尊び、常に明治天皇御製を口にしてゐた。

柳原燁子「仏教は暗い、あきらめばかりが多いのです」

 『婦人と修養』は大日本婦人修養会編纂、婦女界社発行。4巻2号は昭和10年2月号。柳原燁子が「悩みを円満解決する神道」を寄せてゐる(目次では「悩みを解決する神道」)。白蓮は日蓮ゆかりの名前だからか、燁子の名義になってゐる。

 燁子は今までにキリスト教、仏教、神道を信仰してきたが、神道を一番評価してゐる。小見出しを拾ふと、「仏教はあきらめの宗教」「明るい神道を求めて」「霊魂を信ずる」「例は万物にある」「『のりと』をあげる」「身上相談についても」「嫁と姑との争ひ」。

 仏教は暗い、あきらめばかりが多いのです。(略)仏教は、世の中を悲観するやうにしか教へてくれませんでした。

 しかし神道は違ふ、とても明るい。

神道は、仏教とちがつて大変朗らかです。神道には仏教のやうに死ぬといふことがありません。親の生命が、子供の生命につゞきます。所謂神道の「生きとほし」といふ言葉がこれです。神道によると、人は何万年このかな[た]永久に生きつゞけてきました。

 燁子が研究した神道では、人は死なず、永久に生き続ける。 

 心霊研究にも非常に興味を持って、幽霊も霊魂も、その存在を信じてゐる。刀や木にも霊が宿る。

 悩みにも、仏教より神道のほうが役に立つ。人がいぢめられると、仏教ではそれは過去の報ひでさういふ目に遭ふのだといふ。しかし神道では、悪いのはいぢめる人ではなく、その人の霊がいぢめるのだ。さう考へると悔しいとか憎らしいとかの感情にとらはれなくなるのだといふ。

 

f:id:josaiya:20210428204158j:plain

 f:id:josaiya:20210428204113j:plain