川口忠「地球は廻る、時代も廻る!」

f:id:josaiya:20201003192706j:plain


  『金儲けの秘術』は川口忠、東京文化新報社発行、昭和28年11月5日初版、33年3月10日付が13版。川口は同社社長。

 機転を利かせたり一工夫をしたりして金儲けをした実例、失敗例を紹介する。

 地球は廻る、時代も廻る! 金儲けの盲点は時代の変遷と共に絶えず移り変り新らしく次から次へと生れ出て行く。その盲点をとらえるのは諸君の頭だ! 勇気だ! 実行力だ!!

  「金儲けにインチキは禁物」の項に、福島の具留田勇三といふ人が出てくる。「油揚の千枚も食べて来たかの如く、ベラベラと実によく喋り…」と紹介されてゐる。金がなくてもうまい料理を食べる方法を実行してゐるといふので読み進める。

 

あと少しで食べ終るという時に、

「な、な、なんだ! 此処の飯には蠅が入つてるじやないか!!」

 大声で叫び散らして食べたものを一口ペッと吐くと、なる程出てきた物の中には蠅が一匹入つている。

「俺は蠅料理を頼んだ覚えはない、まったく馬鹿にしとる! 此処の管轄の保健所はドコだ保健所は!!」 

  かう言ふとたいていの店主は、内密にしてほしいと言って食事代をタダにしてくれる。蠅は食事前に捕まへてポケットに忍ばせておいたもの。…犯罪だ。

 巻末付録に、「小中資本で必ず成功する開業法42種」といふのがあって飽きない。製造業ではこけし、軍手、クレヨン、割りばし、スリッパなどについて、何にいくらかかるか、どういふ組合があるかなどを事細かに指南する。ちなみに出版業もあるが、何でも売れた時代はもはや夢物語で、「素人がこの分野で成功することは殆んど不可能」と勧めてゐない。

 さらに次に「収益驚大で明日からスグかかれる最も堅実な男女アルバイト14種!!」がある。「必ず儲かる校門販売」では校門前でカメラ、望遠鏡、模型飛行機、水鉄砲、ボールペンなどの品目を挙げ、原価や問屋も打ち明ける。

 さらに次に「失業者が即座に働ける仕事6種とそのかかり方」がある。「特価本の校門販売」は先のとは別扱ひ。

校門の前に戸板を敷いて、その上に図画事典や工作宝典、いろは辞典、漫画事典、探偵、冒険、野球 小説本などを並べておくと面白いように売れる。 

  学校の先生に売ったり、先生から子供に紹介させたりすれば信用されるともあるが、さうすんなりいくかどうか疑問だ。卸しは特価書籍の店なら定価の5割くらゐのものも沢山あり、利幅が大きいと勧める。

東京玉川局第七号東京文化新報社では男女真面目な派駐社員を全国各県より採用して家庭実益書、一般学生向、大衆小説、文学、趣味書等特価書籍全般を全国的に大卸しているから、返信切手50円を添えて、派駐社員の採用入社手続書を送つて貰えば、たとえ北海道の果や九州の山中に居ても通信で取引が出来るから便利である。 

  東京文化新報社といふのはこの本の発行所。自分の会社には真面目な社員がゐて、全国的に販路があると自賛してゐる。その割には面接もなく、入社手続書を送れば社員になれるやうだ。

 最後のページは同社の本の広告で、12冊の本の背表紙がそのまま書名の図案になってゐる。『挨拶と社交の仕方』『娯楽資料 遊び方大全』『空手極意教範』など。空手の本の紹介文には「本書で学び天下無敵の快男子たれ!」。挨拶にしろ遊び方にしろ、直接教はったり実地で身につける機会のない人を対象してゐるやうだ。

 この『金儲けの秘術』も載ってゐる。「東京書院で密売していた『古見更世』著の本は盗作本に付御注意!」

f:id:josaiya:20201003192619j:plain

 

 

大日本帝国国教奠定期成同盟会「世界全人類の共に共に信ずべき宗教たらざるべからず」

 『国教奠定』は第一巻第一号が昭和14年6月20日発行。発行所は大日本帝国国教奠定期成同盟会。編輯兼発行人宗像熾。

 表紙が凝ってゐる。左上のマークは三種の神器を表してゐるやうだ。その光が燦然と輝き、宇宙の中で地球を照らしてゐる。中身はガリ版で、挿絵も手作り風。

 同会の宣言に「我等の唱ふる国教とは世界全人類の共に共に信ずべき宗教たらざるべからず」とあるやうに、日本のみならず世界、全地球に通用するものだとしてゐる。7月の第二号、「檄!檄!!」から主張が読み取れる。

我等の理想は、基督教の預言者と、仏教の預言者とにより既に二十年前から日本中心の世界統一の完成を絶叫して来た。(略)その信仰の中心は 天祖天照太神を世界の大中心とし 日本天皇 を人類の中心とす即ち 現人神とする所にある。これが世界全世界二大宗教の示す的確唯一の指標なのである。(略)日本神道を彼等に啓明せんため我れ 起てり矣。選ばれたる人々よ集れ!! そして散開し攻撃態勢にうつれ!!! 

 文章の署名はほとんどが釈日脱。日脱の個人誌で、本名が宗像熾ではなからうか。立正安国論講義を有志に配布 するなど活躍した。『国教奠定』には経文のほか、聖書の一節も掲げる。来信には土肥原賢二からのものも。本所の佐藤喜代子からの、日本婦人不惜身命団を結成したいといふ投書も載せてゐる。

f:id:josaiya:20201003175454j:plain

 

f:id:josaiya:20201003175614j:plain

f:id:josaiya:20201003175641j:plain

 

佐々木安五郎「西洋の学問が新しいと云ふが、こっちの方が余程新しい」

 続き。漢学振興の議論では、佐々木安五郎(号は照山)も発言してゐる。大正10年3月の衆議院での審議。謎めいたドイツ人の行動から話を始める。

欧羅巴戦争が半ばなるときに、亜米利加を経て独逸に帰る独逸人があった、亜米利加人に託するに二重底の「トランク」を持って来て如何なる事があっても是は開いて見て呉れるなと言った、 

  そのうちアメリカとドイツが戦争になって、軍事上の秘密の荷物ではないかといふことになって、トランクを開けた。

武器に非ず、爆薬に非ず、爆裂弾に非ず、しかも何物が現はれたかと申しますと、日本に於ては無用の長物として、古本屋の棚に鼠の巣[糞]塗れになって居る「本草綱目」と云ふ書物が現はれ出た、 

  ドイツ人は戦争で食料が足りなくなることを予想して、食用や薬用になる植物を知るために持ち帰らうとしたのだといふ。

 佐々木の主張は、このやうに実は東洋には西洋よりも優れた学問の成果があるといって、例を幾つも挙げる。ドイツで食物の肥料に電気を応用するといふが、日本では昔から電気の電はイナヅマといひ、稲と電気との関係は旧知のことである。

 またドイツでは天然痘の撲滅に赤色光線が有効だといふことが発見されたが、これも驚くことではない、東洋では疱瘡には部屋中を赤いものにしたりしてきた。「東洋の方が先に発見して居る」。

 奈良の大仏の蓮の花弁は電気メッキで、この方法も西洋よりもはるか昔に漢文で知ってゐた。

 西洋で行はれてゐる太陽の黒点研究も、漢字の象形文字では、「日」はまん丸に点を描く。昔から太陽の黒点があることは知られてゐたのだ…。

 ドイツを引き合ひにして、東洋はそれよりも優れてゐると言ってゐる。思想についても、最近西洋で過激主義や無政府主義の主張が出てきたが、そんなものは東洋に老子荘子列子荀子と昔からある。

此頃西洋で珍しがる 所の思想問題なんかと云ふものは、東洋に於ては二千年来、三千年も昔に既に言ひ尽して居る、(拍手喝采)

  「西洋の学問が新しいと云ふが、こっちの方が余程新しい」。なほ、漢学振興と漢字制限は矛盾しない、漢字を整理した一覧表を友人の清藤幸七郎が作ってゐるところだといふ。

 佐々木の思想についての主張は、個人の奇矯なものでない。同年8月に漢学振興の根拠を示した「漢學振興に関する意見」16項目の13「外来思想を善導するは漢文學より善きは莫し」に同様のものがある。

彼のマルクスクロポトキンの所論の如きは、既に二千年前に 於て戦国時代より両晋時代に亘り、一派の学者が唱道せし者と大同小異に属し、此等の謬見たることは既に其の時代の有力なる先覚者に頼りて駁撃せられ、我が東洋の学問より視るときは殆ど厭ふべき陳腐説に過ぎず。

佐久間啓荘「『幼学綱要』は古本屋で販売すべき書物ではない」

 読書の秋だから読書について。

 『大東文化學院創立過程基本史料』は尾花清編著。大東文化大学人文科学研究所、平成17年4月発行。大東文化大学の設立に関はる史料を集めたもの。カタカナ交じりの速記録が多くてとっつきにくい所もあるが、学問の意義や読書論について見るべきところがある。平仮名に直すなど適宜変更して引用する。大正11年3月の衆議院での漢学振興についての審議記録より、佐久間啓荘の発言。

 

青年が乱暴な事を言ひ、無法な事を言ふ今日、青年が電車の内などで読んで居るものを見ると、実に言ふに言はれぬ、見るに見られぬやうな雑書ばかり読んで一冊と雖も気の利いたものは見ぬ、さうして偶々言へば、西洋の事を言ふ、

  近頃の暴力的な青年は電車では、口にするのもためらはれるやうな雑書ばかり読んでゐる。仁義道徳を学ぶにはそれでは駄目で、漢学を学ぶのが一番だといふ。

   青年だけではない、古本屋も堕落してゐる。明治天皇がお示しになった『幼学綱要』を商売の種にしてゐることも批判する。

 

神保町の古本屋で幼学綱要を売って居るのを見た、広島でも私は古本屋で幼学綱要を見たことがある、此幼学綱要は学校に賜った書物であって、販売すべき書物ではない、それを今日は古本屋で売って居る、此位堕落して居ります、(略)私などは是等の書物は別に箱を造って蔵め、別に棚を拵へて丁度勅語と同じ扱をして居ります、

 

 明治天皇の書を売り払ってしまふなどといふのはけしからん。

 井上哲次郎総長への批判文書の一つに、皇學軽視の一項がある。井上は学科から古事記を全廃した。

古事記は書紀の史料として僅かに三月を以て編纂せしものにして、傳説神話を集めたる俗書のみ。或は偽書とさへ謂ふものあり、採るに足らずと。 

  古事記は俗書、偽書とみなされて、漢学にふさはしくないとしてゐる。これに対し元教授有志は「井上氏の皇典に対する見解は総て見当外れ」と批判する。

 漢学振興の議論中には、国学・皇典との関係をどうするかといふ論点が出てくる。漢学には中国の革命思想など、危険な考へもあるのではといふ危惧の意見も挙がってゐる。続く。

『私の昭和史』の津久井龍雄の直感

  『私の昭和史』は津久井龍雄著、東京創元社、昭和33年4月発行。平易な文章で奥行きのあることを語り、現代でも読まれる価値がある。分量も多くなく、復刊や文庫化の対象にふさはしい。内田百閒の随筆を愛読し、色紙には「言簡意深」と書いたといふのもうなづける。序の一節が味はひ深い。

 

 多くの人の昭和史は、昭和の時代をただ乱暴で無茶苦茶な「狂った一頁」にすぎないというふうに描いている。たしかにそれに違いない面もあるが、併し歴史は継続性のあるものだから、やぶから棒に世の中が発狂状態におちこむとは考えられない。昭和時代が狂っていたとすれば、その症状のおこる原因は、その前の時代からあったのであり、後の時代にもその尾を曳くものであるにちがいない。

 

 本文は交遊録から転向問題、戦時体制のあれこれに及ぶ。津久井はこの書の中で、3回直感してゐる。

 一回目は関東大震災の際。

 

具体的に朝鮮人がどこでどんな乱暴をはたらいたのかというと、そういう事実はひとつもなかった。人々はただ噂を信じ、噂におどろいて、狂気のようにさわぎまわっていたのだった。

 私は、直感的に、これは単なる虚報にちがいないとおもい、そんなバカなことがあるものかと妻にも話したが、たけりくるっている人々の耳には入らなかった。私はみんなの狂態醜態にあきれ、日本人として実になさけないと痛嘆した。

 

 

 二回目は運動の進め方について。

 

合法運動のみで革新がおこなわれると考えたことはほとんどなかった。その点だけは、理論的というよりもむしろ直感的にそう思いこんでいたが、それというのも、私たちの考えの根底にマルクス主義の理論やロシア革命といったものが存在したからであると思われる。その点では、私たちもまたたしかに「危険思想」をもった「危険分子」にちがいなかった。

 

 三回目は二・二六事件に遭遇した際。

二・二六事件が勃発したときいて、内心いささか痛快味をおぼえないでもなかったが、少しその経過をみているうちに、これはとてもものにならないことを直感した。 

 

折口信夫から「ハクショ なんぬかす」の手紙をもらった高階廣道

 やっと涼しくなった。

『橿の生』は高階廣道の歌集。奥付なく、あとがきは昭和32年2月7日付。父の高階研一は廣田神社、札幌神社、諏訪神社皇典講究所橿原神宮に勤めた。

 廣道は大正14年1月生まれ。名前は廣田の廣、札幌神社のあった北海道の道から取られた。略歴では1月5日生まれだが、研一の追悼文の15日が正しいだらう。昭和18年9月、國學院大學予科修了、翌月海軍予備学生。航空隊では彗星に搭乗するなどした。20年9月1日召集解除、22年2月7日永眠。

 折口信夫から短歌の指導を受け、この歌集も折口の命名と選。歌の前に折口の文章が置かれてゐる。

戦ひ敗れて、清い瞳を見凝して、老い人の待つ家に来て、退転して行く世を眺めながら、死んで行く。此ほど今の世に深い、美しい生があるだらうか。

  退転して行く世といふのを廣道の歌から示す。

戦につとめし人の つぎつぎに罪糺さるゝ時は来にけり

街頭に 媚び粧へる女居て、髪かき上げぬ。ちゞらせる髪 

  歌の後に父母妹兄が故人の思ひ出をつづってゐる。一年祭は歌のみで、十年祭に際して加へられた。子供の頃から病弱だったこと、岩波文庫で文学に親しんだことが知られる。兄、成章のことば。

戦争中優越感といふやうなものを持たなかつたから敗戦後も卑屈にならず新しい時代に利己的なうろたえ方もなく、たゞ祖国の守りに任じ国の力が尽きたので戦いを休めたのだという、さつぱりした気持以外何物もなかつたようだ。 

  折口から廣道への見舞いの手紙も紹介されてゐる。

…病んでゐても、若い元気を持つたあなたなどは、羨しい。もう私や、お宅のおやぢさまのやうになつたら

 ハクシヨ なんぬかす

だめだめ 

 ユーモラスな手紙に廣道は苦笑してゐたといふ。

 ところでこの「なんぬかす」といふのが謎の言葉で、頭を捻ってしまったが、暫くして見当がついた。何をぬかす、つまり何を言ふか、といふことではないか。くしゃみをしたあとにチクショウとかの言葉が続くことがある。これはくしゃみを起こした悪霊に、魂を持っていかれないやうにするまぢなひ言葉。折口はくしゃみをした後に、何ぬかす、と言ってゐたのではないか。

忠類村に神武天皇を祀った岡田新三郎とその姻族のこと

 『岡田新三郎日誌』は昭和35年3月、北海道広尾郡忠類村役場発行。非売品。岡田新三郎は文久3年5月、群馬県新田郡生まれ。号は蘇来。旧忠類村の開拓者。晩年は鍼灸御嶽教との関はりもある。昭和19年没。

 本書は明治27年6月から29年12月までの日誌。農事に関する記述が主で、事件や世相などで目を引くものはほとんどない。

 付録の一つに「丸山神社創立縁起」がある。これは明治27年6月、忠類村のチョマナイ山に神社を創建した記録。当時のチョマナイ山には奇怪なことが起こり、恐れられてゐた。

俄然全山崩壊セリト思ハルヽ大爆音ニ夢ヲ破ラレタル者アリト又怪物ヲ目撃セシ者アリ等奇談怪説頻リニ伝リ土人ハ元ヨリ内地人迄モ頗ル恐怖ノ念ヲ懐ク事甚シ

  これでは開拓の支障になると考へた岡田は、「山上ニ神社ヲ創設シテ畏怖ノ心ヲ転ジテ信頼ノ念ヲ喚発セシムルニ如カズ」と決心した。祭神は神武天皇とし、以降は山を恐れる人はゐなくなったといふ。

  岡田の経歴について、寺田真一といふ人が解説してゐる。これによれば岡田夫人の兄は小山豊太郎で、李鴻章を狙撃した人物。豊太郎の父の孝八郎は足尾銅山鉱毒事件で暴動の首謀者になった。岡田は法律を学んでゐたので、孝八郎のために帰京したことがあるといふ。

 寺田の解説では、豊太郎とは親友の間柄ながら、岡田が自由主義者で義兄の小山豊太郎が国粋論者だとして対照的に描かれてゐる。ところが岡田の日誌には豊太郎とそっくりな記述がある。豊太郎の主張は、日清戦争の講和は日本の下関ではなく、北京で「城下の誓」をさせろといふものだった。

 明治28年元日の岡田の日誌。

一日モ早ク奉天北京ヲ踏落シ、奴清ヲシテ城下ノ誓ヲ為サシメ、以テ地球上諸列国ノ自称文明国ノ誇大ナル鼻頭ヲ打折ラン

 と年頭に誓ひを立ててゐる。日誌には豊太郎についての記述はないが、2人は思想的にもさう違ひがあるやうには読み取れない。

f:id:josaiya:20200823191506j:plain

f:id:josaiya:20200823191532j:plain