蘇峰宗の洗礼を受けた広瀬喜太郎

『暁堂感銘録』は広瀬喜太郎の回顧録・随筆集。昭和43年11月、限定700部発行。巻末の人名索引も含め全384ページで、手に持つとずしりと重い。

 広瀬は富山・高岡の出身。教師の書いたものは堅苦しいものが多いが、この書は人間味があふれて読者を飽きさせない。特に広瀬の異常なまでの本好き、読書好きが目を引く。

 話に上るのは徳富蘇峰、実業之日本の増田義一新渡戸稲造ら。特に蘇峰については熱狂的に崇拝し、蘇峰を中心に生きたやうな感を受ける。初めて学校で蘇峰の演説を聞いたときのことを、情熱をもって描く。

 

ああこの人があの文章の作者である。わがあこがれたるあの文章の主人公は、正にこの人である。况んやその演説はいよいよ情熱を孕んで、異常の興奮を喚んだばかりか、非常の感動を喚起した。わたくしはただ恍惚として何ということなく、いつということなく、いつの間にやらいわゆる蘇峰宗の洗礼でも受けたような心地であった。

 明治43年の上京時には毎週民友社に足を運んだ。

日吉町の民友社小売部に行き、先生の著書(主として国民叢書、みんな取揃えただけでない、静思余録・天然と人・文学漫筆など、同じ書物をいく冊買うたやら)を購うた。何故にこんなに通うたか、かく通う中にせめて一度でもいい、先生のお顔はとにかく、お姿を(ちらりとでもいい)見ることも出来まいものか。 

 

 大正七年わたくし二六才の時、近世日本国民史の国民新聞紙上に連載せらるるや、わたくしは先づ以ってその文章に魅了された。(略)新聞で読み、切抜帖で読み、書物で読む。その書物も上製で読み、並製で読み、普及版で読むという始末。(略)先生の一書わが架上に加わる毎に、胸中一楽生ずる思いであった。

 

同じ内容のものを新聞で読んで、本でも読む。本も違う製本のものが出たら出るたびに求める。買ふだけでなく全部そのたびに読む。

 父母との思ひ出も本にまつはるもの。

 

父は書物とか雑誌に対しては終生小言などいわなかったが、唯一度だけこんなことがあった。「冒険世界」を読んでいた時のこと、この巻頭にはそのころ押川春浪怪奇小説「怪人鉄塔」があった。(略)少年の熱血をたぎらしたものである。それがいよいよ完結して書物になった時、わたくしはそれを求めようと父に頼んだかせがんたかしたが、父はこの時だけはおいそれと応じてはくれなかった。そしていうことは、すでに雑誌で全部読んでしまっている、ああいう小説を更らに書物で読み返へさなくてもいいと。前にも後にもこんなことはこの一度だけであったが、そういうところまことに一理ありといわねばならぬ。

 

 

 この時は結局母からお金をもらって本を買った。教科書代を川上眉山の全集に使ってしまって教科書は筆写するなど、親不孝を重ねてゐる。異常な心理なのだらうけれど幸せでもあっただらう。高岡図書館のことなどもある。続く。

正真正義「アメリカは日本が作った」

 正真正義『綜合帰一の新日本の創造』は国民思想指導原理研究会発行。手元のものは昭和13年1月の3版。

 12年8月の再版の辞が載り、6月の初版発行時のことを回顧してゐる。

 本書は理論上からも実際上からも相当の研究を重ねたものであるから、研究不足や認識不足を笑はれるやうな心配はないが、何分にも思想問題の最も六ケ敷い今日の日本に問ふのであるから出版届を出してから三日間は相当心配した。(略)

 出版法に基いて出版届を出して三日間待つた。内務当局から何の通知もないから、もう安心だといふので頒布に取り掛つた。 

 検閲に引っかかるのではないかと三日間心配してゐた、とある。許可された場合は何の通知もないとしてゐる。

 その著者の主張は、アメリカは日本が作ったといふことにある。それは次のやうな理由による。日蒙戦役(元寇のこと)で、日本は蒙古を撃退した。蒙古はヨーロッパにまで版図を広げてゐたので、日本のことも広まり、黄金の国ジパングが噂となった。その後航海に出たコロンブスアメリカ発見、アメリカ大陸の東から西への発展、そしてペリーの日本来航と、つながってゆく。

 いはば日本のまいた種がめぐりめぐって、日本で実ったのだと整理する。

日本人も気付かず、亜米利加人も気付かぬ中に日本は亜米利加を作り、亜米利加は亦日本を作つて、東西両文明も新旧両大陸文明も一連の相関性を以つて発達して来て居ることは実に不思議な位である。 

 このやうに、世界を綜合帰一して躍進日本を創造すべきだといふ。蒙古に対する攘夷を評価する一方、アメリカは日本の恩人だとして開国を肯定的に見てゐる。アメリカに対しての攘夷には触れず、単なる国粋主義でない。「アメリカは日本が作った」とまでいへるかどうかは別として、独自の発想がうかがへる。

 余禄では、日本による倭寇を大陸政策として積極的に評価。ただし倭寇といふのは不当な名称で、八幡船事件などと呼ぶべきだと注意してゐる。

 

f:id:josaiya:20190428221354j:plain

f:id:josaiya:20190428221416j:plain

 

精神研究会地方委員だった補永茂助

 

『精神療法案内書』は古屋鐵石の設立した精神研究会の冊子。大正9年2月、20ページ。表紙には明治天皇御製を8首掲げる。人の心の大切さを説いたもので、天皇の権威を借りて、会が怪しくないものであることをアピールしてゐる。右に「生活安定の道此書に在り」左に「精神向上の道此書に在り」とある。

 生活の安定とは、「相当の益収あり」「精神療法家として高給にて招聘せらるゝ便宜あり」と説明するやうに、通学や通信授業で精神療法を学んで資格を取れば収入があるからだといふ。

 

精神療院長となり人を救ひ世を益さば、求めずして其人は富み栄え、物価の騰貴も苦にならず、生活は安定され精神は向上せらる、 

 会の健全さを強調するために、国民道徳の大切さも訴へる。精神研究会も、国民道徳会の中にあることになってゐる。

 

国民道徳の観念が主とならずして之を教授し、冶療するもの若しあらば、其教授治療は百害ありて寸効なし、 

 裏表紙の左右には「本会報告の実験に反する説は多くは詐欺師の偽言也」「本会主張の学説を無視する説は多くは山師の虚言也」とある。中の見開きの左右にもすべて同じ文言があって、かへって胡散臭い。 

 教へる精神療法は24種で、心霊術療法、気合術療法から稼働無想療法、慰藉歓楽療法まで多種多様。

 本会卒業地方委員として大きく11人を挙げ、富岡定俊海軍中将男爵に続いて補永茂助文学士もゐる。会員数万名のうち、地方委員は2060余名におよぶ。

 

f:id:josaiya:20190420182930j:plain

f:id:josaiya:20190420191400j:plain

 

 

明治神宮のデータベース、行の会に頭山翁など、藤沢親雄は菊の会を斡旋のみ。三島由紀夫の項はギシかロウシかで言ったらロウシの感。

 

望月紫峰「水戸は、志、天下にある人々のエルサレムでありました」

 

『新時代の式辞演説』(中山明編著、帝国書籍協会、昭和6年)の函と本体には、馬のやうな虎のやうな、王冠を被った奇怪な動物が描かれてゐる。長い舌が本の内容を表してゐるのかもしれない。

 新年の宴会や開店披露、忘年会、入学、卒業、弔辞など、様々なあいさつの文例と、実際の文言が多数掲載されてゐる。三浦梧楼による西野文太郎二十五回忌でのあいさつもある。実用性があるかどうかわからないが、証言として読める。

 「女学校卒業式校長の式辞」は下田歌子。たとへ知識があっても「売国奴となつては言語道断」と警告。その後、現代の学生は十中八九神経衰弱になってゐるといふ説を紹介し、学生の身の上を案じてゐる。

諸子は今後如何なる過失に陥つた場合でも、決して無謀な振舞をしてはなりません。死んではなりませんぞ。若しも死なねばならなぬ程の苦しい事があつたならば、深夜門を叩いてその苦衷を訴へ相談に来られよ。私は出来得る限り力を尽して御相談に与りませう。 

望月紫峰は「頭山翁歓迎会に於ける歓迎辞」。頭山翁の四十数年ぶり二度目の水戸訪問時の言葉を載せてゐる。

 

 水戸は、志、天下にある人々のエルサレムでありました。故に、松陰も来り、西郷も来り、雲浜も来り、当年の志士仁人は皆な来つて、尊王愛国の発生地に向かつて礼拝を致しました。

 

 しかし現代の水戸は堕落し、腐敗し、正義の観念に乏しい。そこに頭山翁がやってきた。頭山翁は黙ってゐても精神的感化を与へる。

 脈々たる英気に至つては、蔵すべからず裹むべからず、スパークの如く閃出し、吾々の琴線にふれて響を発する。

 電撃のやうなスパークが青年を刺激し感動させるだらうと期待を寄せてゐる。

望月は頭山翁をドイツの赤髯王、バルバロッサに例へる。これは神聖ローマ皇帝、フリードリッヒのこと。ドイツに危機が訪れると眠りから覚め、山を下りてくるといふ。壮大な表現だ。あいさつの参考にしてもよい。

 皇帝が十字軍を送ったことからも、エルサレムと関連させてゐるのかもしれない。回教徒を支援してゐた頭山翁はどういふ感想をもっただらうか。

f:id:josaiya:20190420183749j:plain

 

 

 

 

泰爆公園設立を提唱した佐々木照山

 暖かいから桜が咲いた。

『日本及日本人』昭和7年3月15日号(第245号)は三勇士留魂号。爆弾三勇士に対する感想を68人から集め、三勇士を永久に祀る方法などを聞いてゐる。

 葉書回答は短い場合が多いが、この特集は長文のものも多い。記念の郵便切手発行(柳原義光)、「永久不変色写真」を全国氏神様のご神体にする(竹内重利海軍中将)、火薬、毒瓦斯其他軍事上有意義なる生きた記念館の建設(安藤徳器)、など様々な顕彰方法が挙げられる。

 なかでも独創的なのは佐々木照山。

東京湾中の旧砲台に先づ水上公園を設け、其公園の真中に三士挺身の銅像を建て、此公園を泰爆公園と名づけ、毎年二月二十一日の夜には、各自三本宛の竹の炬火を携へ、其銅像をめぐりて三士爆死の時間一斉に火を点じ、轟然たる音響と同時に会衆万歳の声を発して、当時を偲ぶよすがとすべし。 

  三士は江下、作江、北川と、三人とも奇しくも水に関係する名字。そこでお台場に水上公園を作って、その中に銅像を建てる。それを巡って火をつけて万歳を叫ぶといふ。堅苦しい儀式よりもいいのだといふ。

 公園の名前の泰爆といふのも、照山の発想による。泰といふ字は三+人+水からなる。これは三士の名字が水に縁があることによる。爆の字は爆弾三勇士といふこともあるだらうが、これも意味がある。廿一日人(二十一日人)といって、ヘンの火、ツクリの下の水の部分を除いた部分は日+十+十、それに横長の一。10+10+1+日で、21日。三士が亡くなったのは22日未明だがこの特集では21日夜の出来事としてゐる。

 銅像を建てるべしといふ意見も多いが、反対の意見もある。鈴木好太郎は憂慮する。

 

見よ上野公園や靖国神社の此等を、又須田町広場の者を、中には其不体裁に感ずる有り、烏雀の糞の為めに、あたら面上を汚されたり、心なき人士の為めには邪魔者扱ひを受けたりして、反つて勇士の面目を傷つくるなきやを思ふ。

 

 浅野正恭海軍中将も銅像の建造には否定的で、梅林の造成を唱へる。

梅林とせるは、一は勇士爆死の季節を示し、且つは其の芳香を偲ばしむるに相応せるのと、他は年を経るに従つて益々趣を添ふるものとなるからである。 

 

 

・さくら公式ガイド、「一命を捧げられた々の霊を慰め」の脱字。

小室直樹「それならお前のところの総長を真先に殺せ」

 戸松慶議の団体はいくつかあり、1つは「国乃礎」。『神道の手引書』を暫定的に「教典」として、日本全国の市町村、神社に各一人の理解者を発見し、神道研究会をつくる。「日本協会」は頭脳集団で組織し、政府や政党を動かす実力組織だといふ。もう一つが「中央管理調整機構」。

検閲局―世紀末野蛮化の原因と根となる害悪害毒不道徳破倫性の存在を剪除根絶する国家改造新聞を発刊

 などを謳ふ。
 『次代』は国乃礎本部と日本協会本部を発行所とする月刊誌。平成5年6月号には小室直樹の講演が載ってゐる。日の丸と日本協会の旗を前に立つ写真もある。演題は「世界野蛮化に於ける日本の進路と方針」。野蛮化といふのが先の管理局の活動と重なってゐる。
 世界情勢を論じた講演ののちに、参加者との質疑応答もあった。小室の関心と過激さが率直に表れてゐる。知人が明治大学の学生で、三島由紀夫を尊敬してゐるといふ。

自分の良いところは人を殺す度胸があることだが、誰を殺したらいいかわからないので悩んでいるというのです。

 これに対する小室の答へ。

それならお前のところの総長を真先に殺せ、と言ったんです。どこがいけないんです、と訊くから「明治大学という名前が悪い。僭越至極じゃないか」と答えました。(略)明治大学がどんな立派な大学か知らんが、一大学ではないか、名に年号を取るとは何事か、と言ってやりました。

 寺でも年号の名前を付けるのは本来不敬である、昔はさういふことをしっかり教へる学問をしてゐたのに、と憤慨する。悩みもその答へも尋常でない。
 ちなみに頭山翁のことを、白虹貫日の故事を知ってゐて朝日新聞を糾弾した、学問があったと褒めてゐる。記事では白球天を貫く、と誤記。
 皇国史観にもさまざまあったといふ平泉門下らしい指摘もある。学校の校庭に軍神の銅像はないが二宮尊徳の像はある、これはなぜか、と論じるところなども、身近な話題から展開して面白い。


暉峻義等「これは明瞭な事実であります」

 1月は正月休みのあとに必ず3連休がある。優しい。
 講演の友社の『講演の友』昭和14年6月15日号は第155号。5月2日に開催された銃後健康報国大講演の様子を収める。主催が厚生省・東京市東京府・警視庁のちゃんとした大会。
 「長期建設下の体力向上」について講演したのは日本労働科学研究所暉峻義等所長。非常時にこそ休養が大切だと語り掛ける。

長い間の科学的研究の結果によりますと、長過ぎる労働時間は生産力を拡充する方途ではありません。これは明瞭な事実であります。明瞭な産業界の原理であります。

国家は長い勤労時間によつて使ひ古された不健康な、意気銷沈した人間によつては維持されないのであります。盛んなる国家、興隆する国家は、健康にして意気旺盛なる国民を要求してゐるのです。かかる国民によつてのみ国家の進運は開拓されて行くのだといふことを、私は信じて疑ひません。(拍手)

兵を休め兵力を用ひるといふことは、兵法の最も大切なことであります。これが即ち明日の戦争に必勝を期し得るところの所以であります。

 国民はただ勤労するだけでは駄目で、自由時間には皇国の臣民として人格を陶冶しなくてはならない。体力の向上にも努めねばならない。国家のために最大の力を発揮するには、十分な休養が必要だと説く。
 水歩生「一ツ目小僧見参記」は東京帝大五月祭の見学記。この年に医学部標本室が竣工したので、有名人の脳や玉ノ井バラバラ事件の骨、襲撃された浜口首相の大腸の一部など、珍奇な標本が展示された。一ツ目小僧といふのも特殊な人間の標本。ここでは高橋お伝の一部が公開されたといふのはデマといふことになってゐる。
 目次にはないが「和楽路会の活躍」といふ小さい記事も見逃せない。わらぢ、と読む。日本精神の顕揚を目的として昭和10年に設立。菅笠と草鞋で徒歩旅行をなし、講演会を開催する。頭山翁が顧問総長、末永節が顧問。
 事業として「宮城前通行の際の礼拝提唱」「毎朝洗面後宮城遥拝提唱」「天長節の奉祝徹底提唱」が挙げられてゐる。草鞋での徒歩旅行といひ、身体と精神が結びついた運動が注目される。写真を見ると、なるほど菅笠の集団で、幟のやうなものを掲げて歩いてゐる。