苦学納豆の大瀧龍五郎「金と学問とは全く別問題である」

 『苦学納豆』は12ページのパンフレット。大正4年1月、躬行社発行。大瀧龍五郎が東京市四谷区愛住町に設立したのが躬行社。小学校卒業者に労働の機会を与へ、学資とし、勉学の道を授ける。

 具体的には納豆の販売をさせる。14条にわたる社則も載ってゐる。第9条にはかうある。

社生ハ社主ヨリ授クル労働ヲ尊崇シ忠実熱誠事ニ当ルベキモノトス但シ一日三四時間ノ労働ヲナサシム

 短時間のアルバイトのやうで、8条には「学技修習ニ要スル費用ハ全部本社ニ於テ是ヲ負担」、寄宿舎も準備中で、完成したら精神修養の講授もする予定だといふ。

 「躬行社設立趣意書」は学問の尊さを謳ひ、金がないから学問ができないといふ不幸をなくさうと、力強く訴へる。

親が其の子に学問をさせたいと望んでも金がなければ学問が出来ぬやうな事になつて、一にも金二にも金と言ふ世の中になつて来ました、併し能く能く考へて見れば金と学問とは全く別問題である、

 金がないために俊才が世に出られないといふことは、個人の問題のみならず国家的な大問題であると説く。

単に其人のために悲しむべき事ばりか[ばかり]でなく実に国家の大損失である、即ち一個人の問題にあらずして実に国家の大問題であります、学問は決して金で買ふものではない只心で得るものである

 社の事業として採用するものとして、例へば化粧品は利益が大きいが、贅沢品なので人を虚栄心に陥らせる。その点、納豆は地味だが栄養も豊富で、最も適当だと推す。

苦学納豆は日常の副食物として又衛生食物として日本の食用には必要欠くべからざるものです

 沢村真次、岡崎桂一郎、武藤留之助の諸学者が、納豆の栄養や有用性を強調してゐる。

 

f:id:josaiya:20210910203504j:plain

f:id:josaiya:20210910203455j:plain

負け組新聞、大阪時事新報の研究

 『大阪時事新報の研究 「関西ジャーナリズム」と福澤精神』は松尾理也著、創元社、令和3年7月。

 大阪時事新報といふ新聞について、明治38年の創刊から昭和の終焉までを描いた研究書。帯に「商業的負け組」とあるやうに、勝つことなく、それでも浮沈を経て生き延びた大阪時事。そもそも部数至上主義ではない高級紙としての時事新報を、大阪に進出させようとした出発点から無理があった。

 なぜ無理だったのか、苦難をどのやうに乗り越えようとしたのかを跡付ける。著者は慶応出身、産経新聞大阪本社入社。もう発展しない、斜陽となった新聞だからこそ、「没落した新聞、失敗した新聞、消えていった新聞から学ぶ必要がある」と説く。

 メディアイベントとして先鞭をつけた汽車博について先見性を特筆し、地図や表がわかりやすい。下山京子らが敢行した化け込み記事の登場と衰退も分析する。

 第6章の「“二流紙”の日本主義」を面白く読んだ。一流紙とは大阪朝日や大阪毎日、三流紙とは低俗な新聞のこと。その間が二流紙。二流紙が生きる道として、軍部と協力したり政治団体、明倫会を好意的に取り上げたりするやうになる。テコ入れ要員として池崎忠孝、武藤貞一が迎へ入れられる。武藤の人気ぶりがうかがへる。HPにも天声人語の筆者として載せてほしい。明倫会は右翼なやうで右翼ではない何者か、のやうに取締り側にみられてゐた気がする。

 大阪時事の変転を読むなかで、他の大手紙の動きも知ることができる。全8章の第8章が「よみがえる大阪時事」。戦時中に他紙と統合してなくなった筈の大阪時事が、なぜ戦後によみがへったのか。産経の前田久吉が新聞用紙をめぐって活動するのが読みどころ。

 新聞の由来と著者の経歴が合致して、400頁を超える専門書だが引き込まれる。日本の主な新聞がなぜ大阪と東京の2社体制なのか、考へさせられる。

 人名索引が太い活字で、とても見やすい。

 以下は気が付いたところ。

91,93,94 常磐花壇→常盤花壇

179 鈴木貞実→鈴木貞美

203、204 元旦→元日

204 大正15年→昭和6年

221 性向を伝える→成功を伝える

221 2日→2日付

256 国民党を対手にせず→国民政府を対手とせず

256 夢にうなされる→熱にうかされる

263 憂い→憂え

286 うがった見方をするなら→疑いの目で見るなら

305 下り→条り

 

 

九州で国旗尊重を絶叫した藤崎善吉

 使命社の『使命』は京都の村田太平が発行した小冊子。昭和5年8月号は第91号。目次に「聖戦陣頭の勇士」とあるのは、九州で国旗尊重の運動を展開した藤崎善吉を紹介したもの。寺井利一執筆。

 藤崎は福岡県筑紫郡安徳村の同志。藤崎が配布した宣伝文も引用されてゐる。

国旗を出すべき日に当り、まだ掲揚されてゐない家もあり、又掲げても甚だしく汚損(破れたりよごれたり)してゐたり、玉や竿の無いのや、揃つてゐないのを見ます。これは誠に遺憾な事で御座いますから、どうぞ心から尊重して掲揚して頂き度いのであります。 

  祝祭日などに国旗を掲げない家、掲げても国旗を尊重してゐないやうな家を注意してゆく。規格も正しい正式国旗の宣伝に努めてゐる。

 直接交渉の様子も伝へられてゐる。

軒にでも立てかけた儘、打ちやつてある様なのを見ると、それが役場であらうが、学校であらうが、何の遠慮もなく、その不心得を話し、若し聞入れないと、二日でも、三日でも、その村に滞在して、徹底的に、これを糾弾(よしあしを正す)するといふ熱烈さである。

又国旗の濫用等に就ても、見付次第に、えらい剣幕でどなりつけるといふ始末で、時にはそれが為に或校長と端なくも論争をやつたといふ様な事もある。  

 国旗をむやみやたらと掲げたり、掲載したりすることもいけない。自転車に乗って全九州宣伝旅行も始めた。寺で寝泊まりしたり、農業を手伝って旅費を稼いだりと、一年も活動してゐる。現在は故郷に帰って農業をしてゐるといふ手紙を使命社に寄越してきた。禁酒断行、半搗米常用も実行し、いよいよ健康だと力を漲らせてゐる。

BOSE「あれの週刊誌版があればいいんだよ」

 『明日に向かって捨てろ!!』はBOSE(スチャダラパー)著、双葉社、平成20年12月第1刷で、手元のものは平成21年3月の第2刷。永田泰大(ほぼ日刊イトイ新聞)編集・構成。表紙回りに、ものを捨てるピクトグラムがある。

 副題は「BOSEの脱アーカイブ宣言」で、どんどん自宅から物を捨てていくといふ趣旨。著者は多種多様なジャンルに造詣が深く、コレクションで自宅は飽和状態。担当氏と話し合ひながら、捨てるものや捨てる基準を決めていく。BOSEが捨てよう

としても担当氏が反対したりして、簡単には決まらない。

 週刊誌の捨てどきはいつか。

BOSE 週刊誌って、やっぱ旬が短くて、ひと月経つもう、なんかもう古本っていうか、「えっ?」って思うくらい古くなるでしょ?

――ああ、そうっすねえ。

 のやうなやり取りをしていく。新聞紙を捨てるときのための専用の袋のやうに、週刊誌にも袋をつけてもらへれば捨て時がわかるといふ。「あれの週刊誌版があればいいんだよ」。確かに永久保存版などといって保存させようとするばかりで、処分するときのことは考へてゐない。「半端ムック」ではムックの捨て方を掘り下げる。ムックは「ムック(雑誌以上、書籍未満の、写真が多く使われている本)と説明されてゐる。

 「伝説のチャンピオン」は週刊少年チャンピオンの話。1977年のものを古本屋で買って、伝説級の漫画ばかりなので捨てられない。「いくら捨てる連載だといっても、これを捨てられるもんじゃねえよっていう話でしょ」。

 「コンビニマンガのワナ」はコンビニで売られてゐるマンガの話。「お~い!竜馬」を以前コミックスで買って売り払ったが、また「コンビニで売ってるやつ」を見つけて買ってしまったといふ。担当氏は「ちょっと悪い紙で安くて厚くて」と形容してゐる。「捨てやすいから買いやすい」とも言ひ、企業の思ふつぼにはまってゐるとわかってゐながら買ってしまふのだといふ。

f:id:josaiya:20210818191839j:plain

 

f:id:josaiya:20210818191902j:plain

 

 

秩父宮殿下の歌を詠んだ高島平三郎

 『鴻爪録続鴻爪録』は高島平三郎著、昭和5年7月発行、発行所名なしの非売品。鴻爪録と続編を合はせたもので、ページ数は別々だが、奥付の書名は鴻爪録。

 高島は児童心理学者で、東洋大学学長も務めた。この本は洋行時の歌日記で、たまに漢詩も交じる。日々の出来事や目にしたこと、感じたことをありのままにつづる。あまり歌の巧拙を気にせず読むものだらう。汽車に荷物を忘れたが無事取り返せたとか、ライン河のうなぎを食べたとか、身の回りの話題も多い。8首の連作で、「世界徒歩旅行者山田八郎氏」を詠んだものもある。

 秩父宮殿下について、2回和歌を詠んでゐる。1回目は陪食の栄に浴したときで、11首の連作。

やごと無き皇子のうたげにつらなりて此の畏さよこの嬉しさよ

われを呼びて「あなた」と宣らす大皇子の御言葉聞けば胸をどるなり

いのちある限りは長く偲ばなむこの嬉しさを此の畏さを

 など大感激の様子。この時は学習院時代の教へ子、武者小路公共の「ふみと小箱」を殿下にたてまつってゐる。

 2回目は同船時のもので、10首の連作。船酔ひに悩む殿下を思って詠んだ。

大皇子は船に弱しと宣らすなり努な荒びそわたつみの神

風よなげ浪よ静まれ大皇子は酔ひてこやりていませるものを

代り得ば代らまほしや大皇子に吾れはも船に酔はざるものを

 殿下から直接、自身は船に弱いといふお言葉を賜った高島。海の神に向かって荒ぶるなと訴へ、平穏な海路を願ってゐる。高島は船に酔はないので、代はれるものなら代はって差し上げたい、と嘆く。殿下の身の上を案じる思ひの丈が昂じたもので、もちろん皇族の位をキユしたのではない。大忠は大逆に似たり。

 続編で高島は「太平洋十首」と題した連作を残してゐる。殿下を苦しめた太平洋。ここでは将来への不安をにじませてゐる。

よきにつけ悪しきにつけて大八島事ある時はこの海にして

静なるこの大海も浪風の立つてふことを努な忘れそ 

 

加田哲二「読書の効果はスポーツ以上」

 財団法人社会教育協会発行の『教育パンフレット』昭和15年4月10日号、第372号の表紙には「読書の方法」とある。中の目次には著者の加田哲二の名前が記されてゐる。経済学博士でファシズムについての本もあるが、この文章には読書への信頼がうかがはれる。

 加田は青年の持つエネルギー、活発性を評価する。スポーツに打ち込むのも大いに結構だといふ。しかし青年には読書も大きな効果があるといふ。

スポーツのやうに派手ではないが、読書がその精神・思想に及ぼす効果は、恐らくそれ以上のものである。広々とした原野に立つてその溢れるばかりのエネルギーをスポーツに放出してゐる青年達の姿が溌剌清新であるとすれば、深夜古典を繙いて、深く思ひを古今の事象に廻らしてゐる青年の姿には、深刻崇高の観がある。 

  新聞・雑誌・書籍には、それぞれの本質があると注意を促し、それらの特徴や読み方を教へる。読書を専門的読書、教養的読書、娯楽的読書の3つに分類。教養的読書は、偉人の自伝、漱石や鴎外、歴史書を薦める。娯楽的読書は、病気のときや休暇中にするもので、読めば得るものがあるといふ。日本のものでは中里介山吉川英治がいい。その一方、読まない方がいいものもある。

世の中には、売らんがために自らユーモア小説とか、傑作小説とかを誇称してゐるものもあるが、さういふものの中には大したものはない。(略)探偵小説にしても、実話物と称する実に下らないものがある。 

  かういふ娯楽的読書は無駄だといふ人もゐるが実はさうではない。

世の中には、一つの教を創始するやうな精神的に偉大な人間もゐれば風のやうに来り、風のやうに去つてしまふ凡人の如何に多いか。またそれらの人々が、いろいろの煩悶と労苦とを持つて、この世の中を渡つて行くか。さういふ生活の点の姿を見ようとするならば、われわれは無駄といはれてゐる読書をもしなければならぬ筈である。 

 

f:id:josaiya:20210803174318j:plain

f:id:josaiya:20210803174328j:plain

 

明治神宮参拝拒否報道で中国に渡った小坂徳三郎

 『わたしの二十歳』は扇谷正造編、旺文社新書、昭和43年1月初版、48年12月重版。42人の執筆者が二十歳の頃の出来事を語る。本や読書にまつはる話も多い。

 坂西志保は学校を追放され、図書館で手あたり次第に読んでゐた。エジソンの伝記で、エジソンが図書館通ひをするうち、科学に打ちこまうと目標を定めたことを知る。坂西も乱読は時間の浪費だと思ひ至り、英語の勉強に専心するやうになったといふ。坂西はのちの合衆国議会図書館日本部長。

 マルマン社長の片山豊は明治大学在学中、寸暇を惜しんで勉強した。プロフィール欄にも「トイレの中に本をつるして読書した話は有名」とあるほどの努力家。

さらに家を出るとき、電車の中で読む本の、そのページのところに指をはさみ、いったん電車に乗れば、たとえ、満員電車の中でも、すぐ片手で開いて読めるようにくふうもした。 

 かうすればすぐに読書ができるのだといふ。もう片方の手で定期を見せて改札を通ったのだらうか。ほかの時短術も面白い。

 小坂徳三郎の題名は「警察に追われて中国へ」。肩書は信越化学社長となってゐるが、元朝日新聞記者でサンケイ新聞信越放送の取締役でもある。「現在参議院議員」とあるが衆議院議員ではなからうか。

 警察に追はれるやうになった理由は、明治神宮参拝問題。東大経済学部の学生だった小坂は、配属将校からの東大全学生の明治神宮参拝要請を拒否。経済学部は自由意志による参加を決定した。

大成功だと一人で満足したが、やはり世間は甘くなかった。各新聞は翌朝の紙面で大々的に「東大生、明治神宮参拝を拒否」と報道した。東大生は反軍的だということになった。

警察に追はれて中国に渡った小坂。そこでは出会ひもあった。

じつに不思議な日本人が、北支那のあらゆるところにたくさんいた。支那浪人というのであろうか、思想も左翼から極右まで、じつに多種多様な日本人であった。

  二十歳のころは、一足す一はなぜニになるのかと考へてゐたといふ。「どうして世界中の人がニという答えを信じるのか」「正直に言うと、今もなお考えている」。

 

f:id:josaiya:20210725194651j:plain

f:id:josaiya:20210725194619j:plain

f:id:josaiya:20210725194718j:plain

f:id:josaiya:20210725194750j:plain