『博物館の少女』に出てくる国家神道

 『博物館の少女 怪異研究事始め』富安陽子著、偕成社、令和3年12月発行、を拝読しました。舞台は明治16年の東京。大阪から上京した古物商の娘、花岡イカルが偶然と運命に導かれて上野の博物館で手伝ひをすることになり、台帳と実物を調査。黒手匣がなくなってゐることがわかり、その謎に迫る、といふ筋立てになってゐます。

 電話もスマホもないので、すれ違ひや行き違ひでドラマが生まれ、人との出会ひにつながってゆきます。イカルが単身で東京に来るので、不案内な場所での戸惑ひ、友達を得た喜びなどに感情移入して読み進むことができます。事件の追跡を描くところも、偶然の発見や意外な視点などの見せ方が巧みで、最後まで息もつかせぬ面白さです。

 妖怪や幽霊がばんばん出てくるのではありませんが、謎解きを楽しめる趣向になってゐます。目次も挿し絵もないので、先の展開を予想することはできません。

 ただ4つ折りで両面カラーの一枚紙が封入されてゐて、これで想像を膨らませることができます。用語解説は馬車鉄道、河鍋暁斎寛永寺など。おもな登場人物のイラストも描かれてゐて、イカルは腕まくりをしてやる気に満ちた13歳。織田賢司は織田信長の子孫で実在の人物。博物館勤務。杖を体の前で握り、よく見ると片眉を上げて睨んでゐます。田中芳男は博物館2代目館長で実在の人物。洋服で懐中時計を見てゐます。アキラは織田のもとで働く奉公人。植木屋のやうな袢纏を着てゐます。髪はボサボサ。河鍋トヨはイカルの親戚の15歳。河鍋暁斎の娘。絵筆を口に当てて思案顔です。鍾馗様(本文中では鐘馗様)を描いてるのでせうか。

 登場人物5人中3人が実在の人物となってゐます。

 裏面が「博物館の少女マップ」で、明治16年の上野周辺のイラスト地図。東京の地理に疎くても、これで位置関係がわかります。寛永寺のところは卍マークではなく神社の鳥居になってゐます。 

 新刊紹介などの冊子と違って本の内容と関はる印刷物なので、本と一体にして編集してもよかったかもしれませんが、手間や製作費のこともあるでせう。

 読み進めていくと、中盤の黒手匣の由来についてのところで、国家神道といふ言葉が出てきました。主人公と織田賢司が、国家神道の話をしてゐました。黒手匣ははじめ、宣教使の男が持ってゐたのです。宣教使をキリスト教徒のことと誤解するイカル。それもその筈センケウシといへば宣教師でキリスト教を布教する人のこと。しかしこの場面の宣教使は「国家神道」を広めるため、ごく短期間置かれた役職のことと説明されます。「国家神道?」と、ぽかんとするイカルに、物知りの織田が解説してくれます。

「…危機感をいだいた明治政府は、対抗手段として神道の国教化を推し進めようとしたのだ。神道といっても、お稲荷さんや八幡さんを祀れというのではないぞ。『古事記』や『日本書紀』に登場する、いわゆる皇祖神と呼ばれる神々だけを祀るように指導するのが、宣教使の仕事だったのだ」

 宣教使の活動は無茶な政策だったので、明治初期で廃止された、とも教へてゐます。

 この物語の舞台は明治16年。その時点で、国家神道はかつて失敗した政策として、忘れ去られたものとされてゐます。靖国神社は明治2年創建ですが、日清戦争日露戦争も始まってゐないこの時点では、国家神道の神社ではないやうです。尤も現在に至るまで皇祖神は祀られてゐないのですが。

 それとも一旦忘れられた国家神道がこのあと、いつかの時点で復活する、といふ世界観なのかもしれません。

 なによりも、織田もイカルも、「国家神道」といふ言葉を口にしてゐるのが注目です。国家神道の用例は明治後半にならなければ出てきません。作り話だといってしまへばそれまでですが、明治16年時点での用例としては不思議です。

 国家神道まぼろしといふのはこんなところにも現れるのかと思ったことでした。

 

 

 

野原剛堂が世話をした富田弥平と家族たち

 続き。『随筆 地方記者の生涯』には地元秩父出身の議員、荒舩清十郎、疎開に来た彫刻家、北村西望との関はりも記される。しかしここで特に注目するのは、富田弥平に関する記述。

彼は学校卒業後大隅公爵の用心棒となり或は台湾総督田健次郎の食客となり後大化会に出入して岩田会長と交り尊猶社の棟梁北一輝と深く交り中野正剛三木武吉小島七郎等とも相知り憂国概世の志士型に成長したのであった。

 誤字が多いが、大隈重信の用心棒を務め、田健治郎の食客のあと大化会の岩田富美夫、猶存社北一輝らと交はったなどと紹介されてゐる。大化会の関係者としては岩田、清水行之助、寺田稲次郎の履歴は知られてゐるが、富田弥平のことはこの本が詳しい。

 富田は柔道家の気楽流師範、関根幸作の高弟。17歳でアメリカに密航しようとして失敗。次に上海から満洲に入ったが帰国させられた。早稲田大法学部専科生となり、嘉納治五郎門下として柔道に励んだ。講道館五段となり、憲政会の院外団として全国各地に出張した。帝国通信社長の職を三木武吉から受け継ぎ、社運を回復させた。

 戦時中は野原が世話をして埼北自動車労務係とさせ、戦後は「手当り次第にアレヤコレヤと奔走」するも病死した。葬儀には御手洗辰雄も来た。

 著者の野原は、弟の富田治三郎の面倒を見てゐた。治三郎は雲取山の小屋番となり、雲取仙人と呼ばれた。

 弥平の没後、未亡人となった春枝。恋愛結婚で、源氏物語を愛読し、近世百科全書を購読する知識人でもあった。ひさごといふ料亭を開き、野原は庭に苔を生やすとよいとアドバイスをするなど、経営に協力した。繁々と料亭に通ふので、愛人と疑はれた。富田の長男は類人猿の研究をしてゐるといふ。

 野原は青年時代、高野佐三郎の九段の剣道道場に通ってゐて、江連力一郎が熱心だったとか、高野の目を盗んで女を買ひに行ったとか、明信館の様子がわかる。

 

 

 

野原剛堂が信奉した行者、村松健治

 『随筆 地方記者の生涯』は野原剛堂著、発行者不明、昭和44年12月発行。本名は野原広仲。明治21年12月生まれ。大正3年4月から埼玉新聞秩父支社長を務め、朝日新聞産経新聞などの通信員も兼務した。

 雑誌の埼玉民論、大秩父などを発行し、秩父に密着してゐた。政界にも知己が多く、本書には秩父を舞台にした事件や政争、自身の生ひ立ちなどが綴られてゐる。取材のため、花柳街に通ってゐた。

 街には私のパトロン的財伐があり何等かの理由で金は遣ふだけ出て来るのであった。

 花柳界には常に大小の事件が頻発して私の力を頼ることが多いのである。傷害事件や女の逃走其の他数限りなくあった。

 深夜のパトロールで一つや二つの事件のないことは珍しいのであった。

 新聞種は女の許に眠りながらつかまえられるのであった。

 花柳界即事件の温床であり即新聞記事特ダネの発祥地であった。

 

  後藤文夫内相による新聞関係者一斉取締前には、多数のゴロがゐたといふ。

微々たる地方新聞は全国各都市に発生して所謂ゴロの輩が街に横行闊歩して言論自由をタテに恐喝の犯行が日々行はれて良識ある人々からダカツの如くキラワレたんであった。

 野原も取締のため一時、保険の外交員に転身してゐる。「老後の私生活」の項では、昭和40年時点の日常を描き、家の周囲を掃除するとか作る側の気持ちで新聞を読んでゐるとか、老齢になっても忙しい。その次の「理想と現実」に、日本の理想を思ひ描く。

私はイツモ大きな理想像を頭の中に画いて居る。日本は神国神政でなければならない、(略)コレを毎朝天照皇大神の御前に祈誓願いたし同時に其の行動隊の兵士としての直接行動に終始一貫し共産党社会党の虫けら共のビラ一枚と雖見過すことなく電柱からムシリ取り断乎として排撃の矢面に立って居る

 ビラを剥がすのも掃除の一環なのだらう。

 野原が信奉した人物として、村松健治といふ行者が紹介されてゐる。三峯神社で日本神国神教立国の啓示を受けて講演。野原は会場を貸したり新聞記事にしたりして協力した。村松東条英機の進言役として国政に携はり、「日本に預言者あり」と称賛された。頭山翁は「村松ほどの熱烈な愛国者が十人居ればコレ程日本はヒドクならなかった」と断言した。別の個所では「三人あれば」ともある。後藤内相が伊勢神宮を参拝したときは禊を指導した。戦後も明治神宮の伊達巽の許を訪れたりしてゐる。続く。

山本初太郎を頼った、はれやか本舗の中島虎雄社長

 続き。借金のため、友人知人、初対面の人、文化人を訪ね歩いた山本初太郎。出会った人々を実名で書いた原稿千数百枚を平凡社下中弥三郎に持ち込んだ。出来栄えを褒めながらも、すべて実名であるため、金庫の奥深くにしまはれてしまった。次に菊池寛の手に渡ったが、戦時中に行方不明になった。

 戦後、新たに書き直して、やうやく原書房から『実録 文芸春秋時代』が刊行された。戦後のことは本文中には書いてゐないが、著者略歴によれば大阪日日新聞復刊に参画、日本輿論新聞社(現・関西新聞社)社主。現在、東京商工興信所編集部顧問。平凡社嘱託。

 大規模でない新聞社で働いてゐたやうだ。昭和の初め、政友会幹事長の森恪のもとを訪ねたときは、実業之世界の野依秀市のことが話題に上った。野依は田中義一首相から多額の金を何度ももらってゐた。森が田中に苦言を呈しても、野依をかばってゐたといふ。山本も正義感のある面白い人物だと評価してゐる。

 ある時は、日本画家の松岡映丘のもとを訪ね、松岡の絵を頒布して、その売り上げを山本の生活費に充てることを計画。菊池、下中、佐々木茂索を後援者、松岡を賛助者にした趣意書を自分で書いて、松岡に快諾してもらった。

 その後、松岡からの紹介だといって、山本のもとに電話がかかってきた。はれやか本舗の社長の中島虎雄と名乗った。会ってみると、薬の推奨文を文芸春秋の雑誌に載せてほしいといふ売り込みだった。

「実は先生、私のほうのはれやかというクスリは、いわば頭の栄養剤でしてね。ドイツからくる原料がたいへんなんで、全く日本では今までなかった高級薬です。宣伝をうまくして、ぜひ、大々的に普及したいのです」

(略)

「…一等よく頭をつかっていなさるのが、小説家の諸先生だと思いますので、私としてはまずそういう文士の方々に、これをためしてもらい、そして、ほんの五、六行か十行で結構ですから、はれやかは頭痛によくきく、また、頭を休めるために、はじめてできた頭の栄養剤である、というような文句を書いていただき、それを、先生方が新聞や雑誌で連載していなさる小説のあとへもっていって、のせてもらう。そういう宣伝がしたいのです…」

 はれやかといふ薬、山本も文士たちも飲んだ様子がないが、推奨文を載せることになった。協力者は吉川英治野村胡堂村松梢風尾崎士郎山本周五郎ら十数人。しかも全員、山本を信頼して、推奨文を代筆していいといふ。 

 後ろめたいことをしてゐるやうな気持ちはなかったやうだ。このはれやか推奨事件の顛末がどうなったかといふことも、包み隠さず描かれてゐる。

 生田長江も訪ねてゐる。ハンセン病に冒されてゐた生田への、山本自身や周囲の反応がありのまま描かれてゐる。復刊などは敬遠されるかもしれないが、却って読まれるべきかとも思った。

  

頭山翁「坊主が政治家になるというような料簡は困りものじゃよ」

 『実録 文芸春秋時代』は山本初太郎著、原書房。1巻が昭和42年4月、2巻が同年5月刊。序はそれぞれ小島政二郎白井喬二

 文芸春秋社の社員の派閥争ひや出世競争、内紛、事件など内幕を暴いたものではなかった。予想とは違った。田舎の文学青年の著者が、原稿料を稼ぐために菊池寛を頼って上京。貧窮のなかで沢山の子供や家族のために借金や質屋通ひを繰り返して悪戦苦闘する自伝ものだ。交友や訪問先に、著名人が多数出てくる。その多くは借金の相談で、手紙や伝手を頼って、初対面でも訪問する。そのときの相手の印象や著者自身の心の動きなどが鮮明に描かれる。著者の無鉄砲ぶり、窮迫の様子などに惹きこまれる。

 山本初太郎は兵庫・小野で明治33年に生まれた。祖父は大国隆正門下、父は自転車屋。自身は小さな新聞を発行したり、名刺広告(本文中では名士広告)をとる仕事をしたりしてゐたやうだ。文芸春秋につながったきっかけは武者小路実篤で、原稿を見てもらひ、編集長の佐々木茂索に紹介してもらふ。

 処女作の「怒る貞操」を持ち込むが、すぐには掲載の可否もわからないし、原稿料ももらへない。借金の相談やそのほかの原稿を売り込むため、次々に名士を訪問してゆく。

 1巻10章のうちひとつは「偉大なる浪人王・頭山満と浴衣姿の晩秋の訪客」。着るものがないので、11月に浴衣姿で頭山邸を訪問した。

(すべて、ありのままだ。これ以外に、頭山先生のような、大人物にぶつかっていく、方法はない。それに自分は、なにもわるいことを、しているのじゃない。いくど考えても同じことだ。しかし、突然、こんな勝手をたのみにきたのだから、どんな大人物でも、迷惑は迷惑にちがいない)

 初太郎は、こう思うと、自然、襟を正さねばならないような気にもなっていた。……

 果たして頭山翁は借金に応じてくれるのか。山本初太郎は何を語ったのか。

 途中、政治の話になった。頭山翁は「じゃが、坊主が、政治家に、なるというような料簡は、困りものじゃよ」と、たしなめるやうに言った。初太郎も同意だった。

「政治家と宗教家とでは、同じ山頂をめざしていても、その歩調や、周辺への観察がちがいますからね。えてして、坊主の身で、代議士なぞに出ようというような連中のなかには、袈裟の誇りを借りて、人の信施を煩わしていながら、酒池肉林の栄耀に、ふけっておるようなのが、多いですからね…」 

二人の会談場所には、頭山翁の秘書役も同席してゐた。「洋服の巨漢」は、最後に藤本尚則だと名乗る。東京朝日新聞編集人で校閲部長も務めた人物。菊池寛のことも知ってゐた。三人でカレーライスを食べた。続く。  

上村直の漫談読書学

 『工程』臨時号は昭和12年5月発行。百田宗治の椎の木社発行。小さな新聞のやうなものが8ページ、そのなかに紙1枚がはさみ込まれてゐて、その表裏が9、10ページ目にあたる。

 野瀬寛顕「日本教育統制の原理」、高須芳次郎「日本的なもの」など真面目なものから始まって、後ろの方はやはらかい読み物になってゐる。

 植野千秋が「現代珍学校巡り」を書いてゐる。漫談学校は井口静波が校長で、菊池寛が名誉校長、西村楽天柳家金語楼、高田稔が講師。漫談に嘘や出鱈目は禁物だと指導してゐる。浪花節学校は校長東家楽燕、顧問頭山満浪曲のほかに修身、国語、地理、歴史なども教へる。花嫁学校は生け花、音楽などのほか、亭主操縦法、ヤキモチの妬き方などの講義もある。学期末の試験問題は「主人に他の女が出来たときは、どうすればいゝか」などが問はれる。

 上村直が「漫談読書学」を書いてゐる。普通の読書ではない。読書でさへなく、本の取り扱ひ方を面白をかしく列挙する。「自己紹介法」。哲学などの高尚な本を見せびらかすこと。

女の子の注意を一身に(いや一本に)集め、(略)ひいては恋愛をし、ひいては誘惑し、ひいては結婚しといふテである。

 電車や喫茶店などで小難しい本を抱へてゐれば、その本に女の子が注意を引かれ、(略)ひいては結婚もできるといふ。

 「立読法」。雑誌の連載小説などは立ち読みが経済的。辞書などは分からない字をメモしておいて、あとで立ち読みして調べればいい。「辞書など買ふのはコケの骨頂」。「食読法」。新聞や雑誌を食べもの片手に読むこと。本、書籍とは書いてゐない。「ペラペラ法」。ペラペラめくっただけで本棚にしまふこと。「一種のヘンタイである」。「マルメル法」。雑誌や新聞はまだしも、厚い本も丸めてポケットに入れる。

 買はれたり買はずに済まされたり、結婚の手段になったり丸められたり。

f:id:josaiya:20220416162703j:plain

f:id:josaiya:20220416162738j:plain

 

品田俊平「予の無上の楽しみは世人を去苦楽にするにあり」

 『嗚呼心教々祖大扇下』は静岡県の不二大和同園発行、昭和10年8月発行の非売品。明治38年に心教といふ団体を興した、品田俊平を没後に追慕して作られた。扇下といふのは心教での敬称。

 品田俊平は明治6年6月、新潟・柏崎生まれ。上京して山口三之助、福来友吉と交はり、心理学を学ぶ。神道、仏教、儒教キリスト教、哲学、剣道でも研鑽を積む。38年3月に柏崎に心教本部を設立、開教宣言。以後、東京本部、静岡の心教総本山不二大和同園のほか日本や朝鮮・米国の支部などに発展した。息子の品田聖平はのちの神道大教管長。

 昭和10年、満州国皇帝が来日した際、身体安全、無事帰国を祈願した行を開始。火断ち、塩断ち、蕎麦粉を水に溶いたもの三食のみで2週間を過ごした。その翌日の4月14日、東京本部で逝去。心教では復帰といった。

 この本は本部や各支部の復帰式の様子、遺族や関係者の追悼文などからなる。写真も豊富で、扇下が鳩に懐かれる一コマ、旅姿で水戸黄門のやうに大笑するものなどはほほゑましい。

 復帰式の会葬者名簿を見ると、交友の広さが分かる。貴族院議員の岩城隆徳、歌人の生田蝶介、高松宮別当の石川岩吉、印度志士のラス・ビハリ・ボース国学院大学教授の植木直一郎、講道館の三船久蔵が来場してゐる。

 生田蝶介は扇下の復帰が桜の季節だったことを歌に詠んだ。「しきり散る櫻吹雪ぞ大いなる去苦楽之命(さくらのみこと)逝きましにけり」。

 心教の婦人会の名前も去苦楽会。「予の無上の楽しみは世人を去苦楽にするにあり」とも言ってゐた。苦楽を去るやうにするのだといふ。仏教には抜苦与楽といふのがある。苦しみを抜いて楽を与へる。これなら分かる。しかし去苦楽では苦だけでなく、楽も去る。楽しいこともなくなってしまふのではないか。楽も苦の種になるから去るべしといふことを暗示してゐるのだらうか。

 心教の活動については新聞記事も引用されてゐる。大正7年に神田の和強楽堂で心教暗示術の実験を開催。「氏の頭部前面上部より電の如く発し」といふ霊光を100人が目撃したといふ。心教を深く信仰してゐる三好東宮傅育官長の談話もある。これは正確には三好愛吉皇子傅育官長のことだらう。

 善光寺の仏都新報社長、倉嶋成鬼も回想文を寄せてゐる。

説く所超宗教的で、教育勅語を根本とし、神儒仏の教理を薬籠中に収め、古きを温ぬるに常に創意創造を以てし溌剌たる新鮮味を加へらるゝ教説の尋常一様でない    

 諸宗教の内容を自由に操り、温故知新で新鮮味もあると高く評価してゐる。扇下が霊光を発したのを記事にした際、宗教家からはあり得ないことを掲載すべきでない、と抗議されたが反論した。「…信念の光線化といふ事は仏教の大徳にも古来行はれた事で、これは決してトリツクでも迷信でもないのですよ」。

 

f:id:josaiya:20220331201134j:plain

f:id:josaiya:20220331201059j:plain

f:id:josaiya:20220331200952j:plain

f:id:josaiya:20220331201025j:plain